1. ホーム
  2.  > 硬化系ベースコーティング剤
  3.  > AVELLバージョン2.1(硬化系コーティング剤)50ml

AVELLバージョン2.1(硬化系コーティング剤)50ml

本製品はスタンダードタイプのAVELLの基本性能を引き継ぎつつまた違ったアプローチで塗装を保護する自動車塗装専用の硬化系コーティング剤となります。



<前置き>
製品説明に入る前に必ずご理解頂きたい最も基本的な事をお話させて頂きますが当店の製品限らすコーティング剤と言う存在は厳密に言えば単純に塗装に塗るだけで無条件で塗装に対して100%プラスに成る訳ではなく、人の薬などと同じようにアレルギー問題やそれぞれ生活習慣などと同じで全員同じく一様の効果がある訳ではなく状態によってプラスにもマイナスにもなる不確定的な存在と言え、仮にコーティングのPROとDIYの差を言うのであれば適切な作業環境でこのような不確定要素を個別の塗装にアジャスト出来るか出来ないか?


これがPROとDIY(素人)の差とも言えます。



しかしながら高精度で理想的なコーティングを施工を行おうと考えた場合、仮にそれなりに経験をつみ技術を持っていたとしても経験等の技術だけでは補う事ができず欠かす事ができない特殊照明、特殊専用ガレージなどはPRO施工店だとしても全国で指折りで数える程度の店舗でしか設備されておりませんことから垣間見てもDIYでは尚更にその様なコーティングを綺麗に正しく塗る為に必要な環境でコーティング施工を行う事は現実的に難しい状態であり多くの方は野外や整わない環境下で外的要因に左右されながら、不確定要素が多い環境でコーティング施工作業を行っているのが実状でもあります。



さて。


既に答えは出ているとも言えますがあえて問いてみましょう。。。


そもそも野外で完璧にコーティング施工を行うことはできるのか???



これは研磨でも同じ答えになってしまいますが残念なことに空調管理もなければ、何より正確な塗装面を見る特殊照明もない状況の野外で完璧なコーティング施工を行うことは例え私でも不可能であり必ずどこかで妥協点などが出てしまいます。
世間では○○成分で高性能等と多くのキャッチコピーが御座いますが仮にその成分が有効だとしてもその性能がしっかりと発揮できるのはしっかりとした施工が出来た上で初めて出てくる話ですのでそもそもDIYでは施工環境が整わない等のようにそれ以前の問題であるとも言えますので先ずは成分云々の前に正しいコーティング施工が出来るか?これがすべてです。



簡単に申しますとDIYでコーティングを行うと言う事はその塗装に最適なコーティング剤を『如何に外的要因等に左右されずに理想的なコーティング施工を行えるか!』



これを追求することであり、特に成分残留性が高い硬化系コーティング剤の場合、環境の差と施工者の技量によって大きく結果(コーティング定着等)が異なることから同じコーティング剤だったとしてもAが施工したコーティングは素晴らしいのにBが施工したコーティングはダメダメであるといったことが多々起こりえます。



良くある例としてはディーラー純正コーティング剤をディーラーで施工してもらう場合ですがディーラー純正コーティング剤の多くは塗装の素人とも言えるディーラーの営業マンや整備士、もしくはディーラー下請け業者が野外や半野外、ガレージ内だとしても特殊照明やブースが無いような環境が整わないところで『仕上がりよりも時間とコスト優先』で施工されていることが例外を除きほとんどです。



しかしながら極めて稀ですが一部例外等、本当に塗装とコーティングの特性を理解しているディーラー関係者がコーティング剤を施工すると非常に失礼な言い方になってしまいますがディーラーレベルでもかなりしっかりとしたコーティングをされているケースがあります。
中古車屋さん等でも同様に下手なPRO施工店より超ハイレベルなこともあります。



施工環境や施工者の技量や外的要因で大きな違いが出るコーティング剤と言う存在。


当店のコーティング剤全般に言えることですしスタンダードタイプのAVELL商品ページにも記載をしておりますが如何にデメリットを排除して理想的なコーティング皮膜を施工者の技量に出来るだけ左右されずに作ることが出来るか?


DIY施工等のように正しい環境が整わない、常に外的要因によって仕上がりが流動的に変わる状況だとしてもどこまで理想的なコーティング施工が出来るか?


これが当店がコーティング剤に求める数あるコンセプトの中でも非常に大きな柱にもなっておりメンテナンス剤との連動性等も含め当店だけの唯一無二なシステムとも言えます。


是非、正しい知識と理解の元に適材適所で使い分けて頂ければ幸いで御座います。




<製品特徴>
上記記載通り、当店のコンセプトの中で新しく生まれたAVELLバージョン2.1はスタンダードタイプのAVELLと比べるとセッティングなどの変更、成分残留の観点から犠牲皮膜としての役割は非常に高くなり初回施工から初回メンテナンスまでの期間の対して他のコート剤よりも非常に高い塗装保護性能がございます。


また本来、その塗装に応じた理想の塗装保護を求める場合、『個々の塗装状態、保管環境、車両の使用状況、メンテナンススパンや方法』に応じてコーティングのリコートスパン、そしてメンテナンススパン等の計画を立てる事が通常ですが本製品であるAVELLバージョン2.1は高い成分残留性により犠牲皮膜としての性能が高い事からこのスパンが多少狂ったとしても、多少アバウトだとしても塗装そのものへのダメージを限界まで軽減することが可能になりマメなコーティングの再施工、マメなメンテナンスを行わない、行えない可能性がある、即ちご自身の塗装のメンテナンスプランを組み立てることが出来ない、組み立てるには経験が足りない初心者の方に対して経験不測や不可抗力を補うなどのアドバンテージがあり非常に有効であるとも言えます。
施工に関して敷居が低く初心者向きと言う訳では御座いませんのでご注意ください。
世に存在する全てのコーティング剤はメンテナンス無くしては維持できませんのでメンテナンス回数を極端に少なく出来る訳では御座いませんのでご注意ください。




それではよくある内容も含めAVELLバージョン2.1をどのようなシーンで活用できるかご紹介致します。




(1)
マメなメンテナンスやマメなコーティングのリコートを行わない可能性が高いケースに。

(2)
洗車機も含めて洗車は行うけど専用のメンテナンス剤でしっかりとしたメンテナンスを行う可能性が低いケースに。

(3)
メンテナンスを含めた包括的な塗装保護ではなくコート剤単発だけで高い塗装保護を考えるケース及び、やむを得ずコート剤だけに塗装保護を依存しなくてはならないケースに。


同様に、貴重な休日丸々使ってコーティングをする事が年に数回も無いからとにかく細かい事は抜きでしっかりとしたコーティング剤を行いたいと考えるケースに。


(4)
マメなメンテナンスを行うつもりだけどメンテナンスからメンテナンスまでの塗装保護の質を出来るだけ高めたいと考えるケースに。


(5)
多少のコストはいとわない!何より塗装保護の優先を考えるケースに。



(6)
雪国であり冬季シーズンはまともに洗車もメンテナンスもコーティングも出来ない、完璧な保護は出来ないとしても他のコーティング剤よりも確実に高い保護力がほしいと考えるケースに。


(7)
中古車販売業等で納車時に一度施工したら自社で二度とメンテナンスをしない可能性があることから直ぐに落ちてしまうようなコート剤ではクレーム等に繋がってしまうことからある程度の耐久性があるコート剤をセレクトするケースに。


(8)
PRO施工店でよくある『特にコーティングとか詳しくないしメンテナンスも定期的にお願いしますので完全におまかせで!』こんなケースで何のコーティング剤をセレクトすれば良いか分からないケースのベースコートに。
塗装次第で樹脂ベースに変わったりもします事からあくまで例として。


(9)
ハイエース、エブリーやアトレー、そして軽トラック等、仕事として日々酷使される車両である事から正直に言えば傷を入れないで維持することは不可能だしメンテナンスはおろか洗車もほとんどが洗車機だけの洗車になってしまう!だからこそ下手な小細工的な性能だけではなく耐久性もそれなりに無くては困る。

何より最初ぐらいはしっかりとしたコーティングを行いたいと考えるケースに。

同じく車を購入した時だけしっかりとしたコーティングを行い、後は放置する可能性が高いケースに。


(10)
両親や子供が車を購入。だからコーティングをしてあげたい!しかしながら両親や子供がしっかりとしたメンテナンスを行う可能性が限りなく低く洗車だけのメンテナンスになる可能性が高いケースに。



(11)
コーティングプライマーは敷居が高いけど高い塗装保護力が欲しい場合。
コーティングプライマーほどでは御座いませんがプライマー代わりにもなりますので本製品を施工後に他の硬化系コーティング剤を重ねることも可能です。





まだまだ様々なケースが御座いますが上記のようなケースでは他の硬化系よりも確実に塗装保護に貢献してくれるかと思います。




是非日々のメンテナンスにお役立て下さい。




<スタンダードAVELLとの相違点>
(施工性)
硬化系を扱ったことがある方であれば気にならないレベルですがAVELLより多少施工性は劣ります。
また施工後はAVELLよりも出来るだけ施工面に触らない、施工から最低でも2時間程度は雨等に濡らさないように心がけるなど多少神経を使う認識となります。
乾燥時間2時間


(性能)
AVELLはメンテナンスをマメに行う、マメにリコートすることを前提としているコーティング剤であり本製品であるAVELLバージョン2.1とは根本的に異なる事から本来、比べるに値しない、基準が異なる事から何とも言えないのが本音ですが仮に重ね塗りしない1回施工時の耐久性だけで比べた場合、AVELLバージョン2.1のほうが耐久性が高くなります。
同条件である場合、艶に関してもバージョン2.1の方が高くなります。


(撥水性能)
本製品であるAVELLバージョン2.1は特に撥水性能に拘った訳では御座いませんが成分残留の観点からスタンダードタイプのAVELLよりは撥水は強くなっております。




<下地処理について>
どんなコーティング剤でも下地処理は必ず行わなくては性能を発揮する事は出来ませんし綺麗に塗ることは出来ません。
しかしながらどの様な下地処理を行えばよいのか?
時には正しい下地処理方法が解っていたとしても塗装状態が悪く死んでしまっているような状態では完璧な下地処理を行いたくても行うことが出来ない事もあります。


また、基本的な手順と適切と思われるケミカルで下地処理を行った場合でも『塗装の汚れが酷い場合であれば1クールの下地処理では足らず2回、3回のクール、場合によっては研磨を入れないとならない』ケース等、個々の塗装状態によって下地処理の方法や手段は千差万別とも言えます。


結局のところ、正しいコーティング剤の下地処理とは現在の塗装状態に100%依存する事から厳密に言えば事前のお問い合わせや案内だけで完璧に理解できるものではなく実際に現車にてその塗装に最適な下地処理方法を探す、また状態によってはトライ&エラーで正しい答えを導くしか方法が御座いません。


コーティングに慣れていない方の場合ですと現在の塗装状態が解らない事も多々あるかと思います。


また上記記載通り、個々の塗装状態によってどんな下地処理がベストであるかが異なる事から事前に100%正しい下地処理であるとご案内は出来ませんが例外を除き、下記ケミカルによる下地処理は基本的に必須とご判断下さい。
塗装が死んでしまっているような低密度塗装等ではケミカルを使いたくても使えない場合もあります。



(1)REBOOTによるシリカスケール等の除去
(2)シリコンオフGBS-Dのダブルによる脱脂作業。


最低でも上記が必須であり塗装状態によっては上記の他に鉄粉除去やシリコンオフ等だけでは落ちない汚れにBP-98等のアルカリクリーナー等を使うこともありますので現在の塗装状態に合わせて正しい下地処理を行った上でコーティング施工作業に入って下さい。


その他、日々多くのお問い合わせやご質問がある中で『綺麗に塗ることが出来ない。斑になってしまう』等のご報告を受けることがありますが基本的に問題になる場合の多くは下地処理不足であるか塗装状態が悪く、塗装が死んでいるパターン(特にブラック等の濃色系)の2つがほとんどでありコーティング剤の問題ではないことが通常です。
オーバーコーティング剤も含めた全てのコーティング剤に当てはまります。


綺麗に塗ることが出来ずに斑になる等の問題が発生した場合には一度正しい下地処理を行ってから再度塗り直しを行って下さい。

それでも改善されない場合、塗装の低密度化が進み既に塗装が死んでいる可能性があり一度研磨を入れた塗装のリメイク等を行わないと改善されない場合が御座いがありコーティングを施工できる塗装状態ではないと判断にもなります。
最終的に斑になりにくいHAZEで斑になるような塗装の場合、ほぼ確実に塗装が死んでいる状態になりますので塗装が死んでいる死んでいないを見極める1つの基準として下さい。


まとめになりますが問題が発生すると言う事は『必ず』理由があり原因が解れば解決できることがほとんどであることから問題が発生した場合、慌てずに上記を一度見直してみて下さい。




<備考>
50mlで普通車3回〜4回程度の塗りが可能。
塗装状態によって変動します。





<可能であれば同時購入頂きたい商品やメンテナンス剤>
(1)塗りこみ拭き取りクロス
ディテイルクロスPRO超薄手
(2)メンテナンス剤
REBOOT
PM−LIGHT




<注意点>※必ずお読みください。
(1)本製品は業務用のPRO 製品となりますので硬化系コーティング剤の取り扱いに慣れていない方は目立たない箇所で十分に試し感覚を掴んでからお使い下さい。また施工に不安がある場合は使用をお控え下さい。
(2)塗装が汚れている場合や下地処理が不完全である場合等では効果が低下する場合や斑になる可能性がありますので原則として塗装状態に応じてREBOOT等で徹底な下地処理を行って下さい。
(3)火気注意となります。炎天下の直射日光や高温時での使用はお控えください。
(4)飲吸引不可であり人体に害がありますので飲まないで下さい。
(5)万が一目に入った場合、直ちに清浄な水で最低でも15 分以上洗浄し、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外して洗浄し医師の診察を受けて下さい。
(6)皮膚に付着した場合、直ちに清浄な水で洗い流がし異常があれば医師の診察を受けて下さい。
(7)吸引した場合、不快感を覚えたら、直ちに新鮮な空気の場所に移動し、安静にし、異常がある場合、医師の診察を受けて下さい。
(8)飲み込んだ場合、直ちに清浄な水で口の中を洗浄し、無理に吐かせず直ちに医師の診察を受けて下さい。
(9)子供の手の届く所や飲食物の近くに置かないで下さい。
(10)室内で使用する場合には換気を良くして下さい。
(11)他の製品と混ぜたり接触させたりしないで下さい。
(12)破棄する場合、地方自治体の条例に従って破棄して下さい。
(13)きちんと中蓋を閉めた密栓状態で常温保管すれば1年以上保管出来る場合もありますが出来るだけ開封後はお早めにお使い下さい。
(14)施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 6,966円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
営業カレンダー
Mobile Shop
QR