1. ホーム
  2.  > ホイールコーティング剤
  3.  > ホイールクリーナー(酸性タイプ)1000ml

ホイールクリーナー(酸性タイプ)1000ml

<製品紹介>
本製品は純正ホイールの汚れを落とす酸性タイプの業務用クリーナーとなります。



従来の酸性タイプのクリーナーとはまったく異なるオーガニック成分であり素材に対しての攻撃性が低く、DIYでも比較的高い安全性があるクリーナーとなります。


また状態の応じて2倍程度の希釈が可能でありますので経済的で日々のメンテナンスに最適となります。
推奨は原液使用ですが軽度な汚れの場合は精製水での1.5倍〜2倍希釈での使用も可。




本製品は酸性タイプですので鉄粉除去剤(中性)BP-98(アルカリ性)では対応出来ないケースに酸の力で汚れを溶解除去!


状態に応じて使い分けを行ってください!





<ホイールクリーニングの基本>
ホイールクリーニングを行う場合に何より理解していなくてはならないのがホイールの仕上げにクリア塗装を施されているかを確認する必要があります。
わからない場合はホイールメーカーにお問い合わせ頂ければ直ぐに教えてくれますので使用前に必ずご確認下さい。



通常のホイールであればほぼクリア塗装を施されておりますがアルマイト処理やクロームメッキホイール等はケミカルダメージを受けやすい事から本製品だけではなくアルカリ等のケミカルも使用はNGであります。
またクリア塗装を施されているホイールだとしても欠けヒビ等の傷の箇所からケミカルダメージが入ってしまう事からホイールクリーニング前に入念にホイールの状態を確認してから作業を行ってください。



またあくまで基本的な流れであり状態によってケースバイケースでは御座いますがホイールクリーニングを行う場合、何のケミカルを一番最初に使うか?どの様な流れで作業を行うのか?

これをご紹介致します。
下記順番は一番最初の中性シャンプー以降は全てホイールの状態で前後し必ずしも下記順番で使用するとは限りませんが今回の記載順番はホイールへの攻撃性が弱い順番に記載をしております。


(1)中性タイプのシャンプーこの作業は後の工程に他のケミカルを使おうとも必須の作業となります。

中性タイプのシャンプーは塗装タイプ、スパッタリング、アルマイト、クローム、ハイパー塗装、切削タイプ等の幅広いタイプへの使用に最も低リスクで使用できるケミカルです。

表面の汚れを落とし状態を確認するケースや後の工程で他のケミカルを使う場合でも必ず前処理で使用します。
推奨:カーシャンプーEPYONカーシャンプーST

また出来る事ならこの中性シャンプーだけで全ての汚れが落ちてくれるのが理想でも御座いますのでマメなホイール洗車が理想でも御座います。
マメなホイール洗車でパッドからのダストとスス汚れは予防出来てもローターがパッドのよって削られて発生する突き刺さるように固着する鉄粉はマメな洗車だけでは落とせずに鉄粉除去剤や本製品や鉄粉除去パッド等でなくては対応出来ないことが現実です。




(2)鉄粉除去剤鉄粉が多い場合
中性クリーナーに次いで様々なホイールタイプに低リスクで使用が出来ます。
クロームメッキやアルマイトにも使用出来ますが痛んでいる状態には使用出来ませんのでご注意ください。


また鉄粉除去剤には油分を除去する作用も御座いますが油分が多いホイールの場合、先にBP−98(アルカリ)等を使用して
油分を落とした後でないと鉄粉除去剤がしっかりと作用しない場合が御座います。


(3)アルカリークリーナー油分汚れが強い場合
鉄粉除去剤よりも取り扱いに注意が必要なケミカルでありクリームメッキやアルマイトや切削タイプ等で痛んでいる状態では使用出来ませんのでご注意ください。
強アルカリと弱アルカリでは全く異なる為、あくまで基本としてご理解下さい。


(4)本製品である酸性クリーナー鉄粉除去剤でもアルカリクリーナーでも落ちない場合ホイール汚れには最適なクリーナーではありますが素材への攻撃性が高い事から最も取り扱いに注意をしなくてはなりません。
特に酸性クリーナーはクロームメッキやアルマイトタイプに使用は出来ないだけではなくスパッタリングのよう柔らかくデリケートな素材にも基本的にリスクが高くなりますので使用に際しては注意が必要です。




以上がホイールクリーニングの基本となりますが上記ケミカルでは落とせない場合等であれば鉄粉除去パッドケミカル粘土、また研磨等の作業となります。
アルマイトホイールは研磨を入れてしまうと質感や光沢に変化が出てしまうことからアルマイトを研磨する場合はご注意下さい。







<備考>
本製品はホイール業者様などが使用しておりますような原液でクリア焼けを起こすような強力で高いリスクがある製品では御座いませんので仮に従来タイプのホイールクリーナーレベルの除去力を期待している場合、本製品では弱いと感じると思いますのでご注意下さい。
本製品は低リスクで可能な限りの限界まで高めた除去力を目的としております。




<使用方法>
(1)中性シャンプー等で表面の汚れや油分を落とします。
(2)ホイール面に対して満遍なくスプレーしてください。大量にかけるよりも細かく数回に分ける方が効果的です。
(3)マイクロファイバークロスやブラシ等を使用して優しく擦って下さい。
ブラシの種類や使い方のよってはホイールに傷が入る場合も御座いますので状態の応じてマイクロファイバークロスと使い分けて下さい。
(4)擦り終わりましたら本液が乾燥する前に水でしっかりと洗い流して下さい。
上記で落ちていない場合、同じ事を繰り返しますが目安として3回以上行って変わらない場合、鉄粉除去パッドやケミカル粘土、研磨等で除去して下さい。
液体をスプレーして長時間の放置は厳禁ですので必ず液体が乾燥する前に水で流して下さい。
基本的な使用は対象面に水分が無い状態での使用を想定しております。また水分があっても使用出来ますが効果は下がる方向性です。





【注意事項】必ずお読み下さい。
(1)如何に塗装に優しく作っている製品だとしてもホイールへの長時間放置等では染み等になる場合もありますことから必ず成分等が乾燥する前に水で入念に流して下さい。
(2)酸性タイプのクリーナーですので純正ホイールだとしても傷んでいて傷や表面処理ダメージがあるようなホイールやハイパーシルバー等のような酸性ケミカルに弱い
素材には使用出来ませんのでご注意ください。
(3)使用前に必ず目立たない箇所で安全に使用出来るかの確認をしてからご使用下さい。
(4)染み等の原因となりますので炎天下や高温時には使用しないで下さい。
(5)染み等の原因となります本製品を対象物に長時間放置しないで下さい。
(6)傷の原因になりますので風の強い日のご使用はお控え下さい。
(7)素手での使用は手が荒れる可能性が御座いますので必ずゴム手袋やゴーグルを着用してご使用下さい。
(8)スプレー使用の場合、ミストを吸引しないように注意してご使用下さい。
(9)本製品は純正ホイール専用製品ですので社外ホイール、メッキホイール、マグネシウムホイール、スチールカラー塗装、輸入ホイールには使用しないで下さい。
(10)本製品を直射日光の当たるところ等、40℃以上の高温化にさらさないで下さい。
(11)酸性タイプですのでアルカリ性の液剤と混ぜないで下さい。
(12)飲吸引不可!子供の手の届くところ、飲食物の近くには置かないで下さい。
(13)本製品は性能を優先したギリギリのセッティングになっております事から、ちょっとしたセッティングの違いや長期保管、また気温変化等の条件によっては成分が結晶化して沈殿する場合が御座いますので予めご理解の上でご購入頂けますようお願い申しあげます。不安がある場合は御購入をお控え下さい。
(14)使用、保管に関して当店は一切の責任を負いません。自己責任で使用保管をして下さい。

販売価格 4,536円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年5月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
営業カレンダー
Mobile Shop
QR