1. ホーム

【2023年新作】【お徳用3枚セット】Scratchless Cloth(スクラッチレスクロス)バージョン3

※発売開始半日において既存在庫がほぼ完売となりました。これに伴い当面お一人様1個迄とさせて頂きます。早々にご迷惑をお掛け致しますがご理解頂けますと幸いで御座います。

※こちらはお徳用3枚セットの商品ページとなります。

<ご確認下さい>
基本スペック等の特長を含めた詳しいスクラッチレスクロスの詳細はバージョン2の商品ページをご確認下さい。
今回は、簡潔にスクラッチレスクロスバージョン3のご説明をしております。



<前置き>
さて。
スクラッチレスクロスが日本のカーディテイル業界においてNO1に相応しい洗車クロスであると言う事実は既に数多くのPRO、多くの洗車マニアの方々からこの10数年の間に確固たる地位として確立致しました。

そして、この10数年の間に煮詰めに煮詰めてきたスクラッチレスクロスはとうとう弊社の最終目的地として考えていた。。。

【詳しい商品説明を知らないで使ったとしても何ら問題が無い製品】。

これに到達してきたのでは。。。

僭越ながらそう思わざる得ないほど、スクラッチレスクロスシリーズのカーディテイル業界での定着レベルは確固たる不動となりました。

このことから。。。

今回のスクラッチレスクロスバージョン3に関しましては弊社専売特許と言える超長文での商品ご説明は一切ありません。

分かりやすくシンプルに特長のみを記載させて頂きます。

愛車を本当に守りたいと考えるのであれば。

遠回りをすることなく。

是非スクラッチレスクロスシリーズをご活用下さい。

毎度お伝えをしておりますが、塗装とは1度でも洗車傷が入ってしまえば、見た目の修正は出来たとしても塗装強度は例え弊社でも元に戻すことが出来ない一発勝負の世界となります。
何度もお伝えしますがコーティング剤では塗装強度は戻せません。

遊びではない!

エンターテインメントでもない!

本物のPROが一発勝負の厳しいPRO現場において本気で使用しているクロスは伊達ではなく、近代のカーディテイル業界の中で、10数年と言う長い年月、常に業界のフラッグシップとして表に立ち続けてきたクロスはスクラッチレスクロスただ1つとなります。
Scratchless Cloth(スクラッチレスクロス)は特許庁登録商標となります。

以上、多くの言葉は最早必要が無いとのことも含め。。。

過去最短の商品説明をご覧下さい!!



<製品紹介>
本製品は、スクラッチレスクロスバージョン2(2019年モデル)をベースに、より繊細に扱う事が出来るセッティングで製作を行いました。
繰り返しとなりますが、基本スペックに関しましてはバージョン2の商品ページをご確認下さい。

具体的な内容として、スクラッチレスクロスバージョン2と同じサイズ、そして同じ重量にも関わらず、砂粒等、傷の原因になってしまう汚れの抜け性を考えて薄いセッティングとなっております。
重量を変更せずに製造セッティングの変更にて薄くしておりますので低密度とは異なります。

これにより、洗車時の汚れの取り込みと濯ぎ時の汚れの抜け性がこれまでより高くなり、よりフィネスな作業を行うことが可能となりました。

より高い仕上がりを目指すユーザー様にオススメとなります。



<羊毛であるムートンやスポンジと迷っている方へ>
スクラッチレスクロスにしようかな?

それともムートンにしようかな?

はたまたスポンジにしようかな?

悩まれている方も多いかと思います。

当店ではスクラッチレスクロス以外を使用する事は、様々な理由により非常に少なくなります。

詳しくは下記当店ブログにて詳しく理由をご説明させて頂いておりますので是非ご一読頂ければ幸いです。

http://www.ganbass-freestyle-blog.com/entry/2017/07/04/153011



<サイズ>
25x30cm



<使用目安&交換目安>
本製品は、洗車回数が増えるたびにファイバー繊維のコーティングが落ちるセッティングになっており、このコーティングが落ちる性質によりPROからのご要望とDIYからのご要望の2つに対応させることが可能となった特殊洗車クロスとなります。
この性能は2017年8月31日のリニューアルによって追加された性能となります。


【洗車回数1回〜3回程度】
ファイバーコーティングが存在することで高い滑り性能(ローグリップ)を発揮し最大限の洗車傷抑制するPRO仕様となり、主に下記のようなケースに最適です。

(1)PRO現場での新車への洗車や磨き上げた後であるからこそ、絶対に洗車傷を入れられないケースに。
(2)指でなぞるだけで傷が入る濃色カラーの低密度塗装等に対して限界まで傷を入れたくないケースや特殊照明を駆使した限界まで精密な洗車作業等のケースに。
(3)洗車傷が塗装劣化三大要因の1であることを理解しているからこそ、とにかく洗車傷を入れたくないケースに。
(4)どんなコーティング皮膜でも洗車傷から逃れることができないことを理解されているケースで、少しでも長い皮膜維持等を求めたいケースに。

また、どんなに気を遣っていてもクロスを滑らす時にエッジや凹凸、そして不意にクロスが引っかかり、動作が止まってしまい、局所的に強い力が発生することで入ってしまう洗車傷もありますが、本クロスはクロスの滑り性により、万が一何かに引っかかっても、四つ折り、二つ折り等、クロスを重ねて使用している時はクロスが先に滑り傷を抑制し、クロスを重ねていない状態では手が滑り局所的に強い力が入らないようになることから、洗車傷がイレギュラーで入ってしまうようなケースでも最大限洗車傷を抑制可能となります。
上記内容を簡単に言い換えると、クロス操作時に『キュッ!』といきなりクロス動作が止まってしまうと、止まった力により局所的に傷が入る現象の事をご説明しております。


【洗車回数4回〜】
ファイバーコーティングが落ちた滑り性能が低い(ハイグリップ)により、クロス操作性のUPと高い汚れ落とし性能のDIY仕様として下記のようなケースに最適です。
バーション2初期モデルに近い使い心地になります。

(1)ハイグリップになることでクロス操作がやりやすくなることから、操作性重視等のケースに。
(2)塗装に擦り込まれているような汚れがあるのでしっかり洗車をしたいケースに。



【交換目安】
上記のように、特殊照明を駆使した、極限状態のハイエンドなPRO現場等では、可能な限りローグリップを維持出来る3回程度を目安に交換する事をお勧め致しますが、通常範囲のPRO現場やDIY作業であれば洗車回数10回〜15回程度を目安に新しいクロスと交換して下さい。



【業者様へ】
本製品の商品説明を見て、2019年度に期間限定で販売をしていたスクラッチレスクロスPROスペックと似ていると思われたかもしれませんが、触れば一目として全く異なります。

バージョン3に関しましてはプロスペック程のピーキーなファイバーコートは行っておらず、バージョン2繊維での構成となりますので全くの別物となります。




<注意事項>※必ずお読み下さい。

)楡宿覆禄祥茲離好ラッチレスクロスと異なり、クロスカット方法に超音波を採用しております。この超音波カットにより毛抜けやほつれ等の問題は軽減されましたが超音波カットのデメリットとしてエッジが硬くなる問題が生まれます。特に仕上げ面側の一辺側に関しましては一番固くなる為、弊社側にてカットしております。しかしながらほつれても洗車傷抑制側を最優先したい場合、従来のスクラッチレスクロスと同様に通常カットがベストであることから、残り三辺のエッジをハサミ等でカットしてご使用下さい。
如何に傷が入りにくいクロスでも砂汚れがあったり、強くこすれば傷が入ります。可能な限り大量の水流で砂汚れ等を落としてからご使用頂くか、当店販売の洗車マニュアル記載の施工方法にて洗車を行って下さい。
ご使用後は手洗いにて良く濯いで汚れを落とし陰干しにて乾燥させてから直射日光の当たらない場所にて保管して下さい。
ど最鮑泙篏斉雕泙六藩兔侏茲泙擦鵑里任潅躇娉爾気ぁ
ツ昭容光の当たる場所で保管しますと変色、変質する恐れがありますのでご注意下さい。
使用期限は使い方や保管方法等によって異なるので定めることは出来ませんが、明らかにクロスが硬くなったり、また汚れてきた場合には傷の原因となりますので交換をして下さい。
Щ楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。


<最後に>
本製品は実際に水に濡らし、そしてシャンプーをつけてクロスを滑らせたその瞬間も含めたそれ以降に価値を理解することが出来る最高のクロスです!是非洗車のマストアイテムとしてお使い頂ければ幸いで御座います☆


【警告】※主に同業者様へ
この商品は当店の登録商標内容に必要な製品ですので商標権的な側面で当店のクロスと類似する商品を
新しく開発、販売される場合、法的に当店への侵害になる場合が御座います。
良い製品を真似される事が多い業界でもありますのでご注意とご理解をお願い申し上げます。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【納期】

5営業日前後


購入数

売り切れ

Recommend Item

おすすめ商品。

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2023年6月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2023年7月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
営業カレンダー
Mobile Shop
QR