1. ホーム
  2.  > 鉄粉除去関連
  3.  > ケミカル粘土(主に新車など)研磨剤無し仕様

ケミカル粘土(主に新車など)研磨剤無し仕様

【製品特徴】
鉄粉除去等には無くてはならない必須品であるケミカル粘土!


こちらの商品は研磨剤が入っていないタイプになります!


まず先にお伝えを致しますが『研磨剤が入っていないから粘土傷が入りにくい』

これは違います!


ケミカル粘土(主に中古車用)の商品ページでもご説明をしておりますが粘土を使用すると言う事は、傷の入り方は違いますが研磨剤云々のお話は関係なしに、必ず粘土傷が入ります。
※是非ケミカル粘土(主に中古車用)の商品ページもご覧下さい。

研磨剤が入っていないからなかなか鉄粉等が取れない。だから何回も擦ってしまえば中古車用の粘土と同様に傷が深く入ります。


粘土とは鉄粉等を取るために使用します。


研磨剤が入っていないことで鉄粉が取れないのなら意味なく擦るだけになり無駄に塗装に傷を入れるだけになります。
※この場合、素直に中古車用の粘土を使用するほうがスムーズに鉄粉が取れたり、逆に粘土傷が少なくなる場合も御座います。

粘土を使用することで必ず粘土傷が入るなら確実に鉄粉等を取れないとただ単に塗装にとってはマイナスになるだけになります。


全てのケミカルにも言えることですが何が最適なケミカルなのかは塗装の状態によって全て変わります。


この粘土に関し、主に新車用と定義してありますがあくまで『ケミカルで落ちないけど中古車用の粘土を使用するまでもない程度の鉄粉等』


への使用を基本的な位置づけとして定義してあります。


その他、中古車の場合、後の工程(ポリッシュレベルの度合い)によっては、次工程で粘土傷を消すことが出来ないと想定される研磨レベル!その他、塗装密度の状態によっては粘土傷すら消すことにマイナスを感じる場合であって、同時に鉄粉もある程度取らないとならない場合にこのケミカル粘土をお勧めしております。



専門的な内容でご理解頂けない事もあるかと思います。


粘土と言うものはどんな粘土でも使用すれば必ず粘土傷が入ります。

闇雲に使うべきものではないにも関わらず、磨きを前提とするなら、鉄板が錆びる可能性があるなら、必ず鉄粉は除去しなければなりませんし、鉄粉除去剤だけでは完璧に鉄粉を落とすことが出来ませんので必要不可欠な存在でもあります。


適所に適時に!判断が求められるのがケミカル粘土と言う存在です。




【使用方法】
�洗車後、砂粒等が無い状態でシャワーの水をかけながら優しくなでるように使用します。この時に粘土の塗装に触れる面の面積が狭くなるだけ強く作用する=場合によっては無駄な傷が入りますので塗装に触れる面は綺麗にフラットになっている状況でお使い下さい。
�傷防止の軽減として洗車シャンプーを適度に粘土や塗装面に使うことで滑り性を向上させ粘土傷を軽減出来る場合も御座いますので次工程で磨き等を入れる予定が無い場合はお好みに合わせて試してみて下さい。

目視で確認出来るような大きな鉄粉等は粘土を小さくして部分的に使う事で鉄粉が無い箇所の傷防止につながります。

※粘土を使用する場合、下地処理剤REBOOT(リブート)の前に使用することでいい按配でスケールが塗装を保護し、粘土傷が軽減出来る時がありますので使用するのであればREBOOTの前のご使用をお勧めしております。


【注意事項】
�風の強い日等は砂が深い傷の原因にもなりますことからご注意下さい。
�施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 1,296円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

この商品を買った人はこんな商品も買っています

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年3月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2017年4月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
営業カレンダー
Mobile Shop
QR