1. ホーム
  2.  > 窓ガラス関連
  3.  > GBS-G(窓ガラスウロコ除去剤)50g

GBS-G(窓ガラスウロコ除去剤)50g



<製品紹介>
GBS-Gは窓ガラスのウロコを手磨きでも簡単に、そして機械研磨より無駄に傷を入れることなく美しい仕上がりになるように開発された自動車専用ウロコ除去研磨剤になります。
そもそも、既に世の中には自動車専用窓ガラスウロコ除去剤だけではなく、家庭用お風呂場のウロコ除去剤など、数多く出回っておりますがコストを無視してでも研磨剤粒子を徹底的に拘った事から使いやすさと仕上がりの美しさはどの製品にも負けないクヲリティがあると自負しております。


まず特記すべき事で言うのであれば、手磨きでも全く問題なくウロコ除去が出来る、むしろ機械研磨よりもガラス面に対するリスクが非常に低いと同時に、仕上がりも機械研磨に比べて雲泥の差が出ます。

本来、窓ガラスとは簡単にワイパー傷が入ってしまう程、意外なほど柔らかいため例えPRO が作業をしたとしても研磨機の使用では高確率でガラスにダメージが入る事が多く、当店の現場に入る窓ガラスの傷除去の依頼の半数以上はPRO が失敗してしまったガラスである事があまりに多い事や、アイサイト等、近年繊細な作業を求められる窓ガラスも増えてきたことから出来ることなら例え時間がかかったとしても手磨きによる優しいく繊細な作業が理想とも言えます。


窓ガラスの美観維持とは安全な運転には欠かせない事である事からあえて手厳しい事を言ってしまいますが上記でも記載しました通り窓ガラスの各種付着物除去には素材が繊細なだけに大なり小なり必ずリスクを伴います。当然、自動車関連業者やPRO 施工店はこの事を理解しています。


しかし私は先ほど『当店の現場に入る窓ガラスの傷除去の依頼の半数以上はPRO が失敗してしまったガラス』と言いました。


何故、PRO 施工店がこの様な過ちをおかすかとと言いますとキチンとしたガラスを磨く専用のブースとガラスの状態を正しく見るための照明が無いから研磨している時には『気が付かなかった』と言ったことが一番の原因になります。



この手の事はあまり言いたくありませんが私は長年自動車業界に身をおいておりますが一部当店レベルで超ハイレベルでカーディテイル業務を行っているPRO業者以外でガラスの状態を正確に見る為の照明と研磨ブースを持っている自動車関連業者を見たことがありません。
それ以前に自動車関連業者どころか窓ガラス専門業者ですらガラスの状態を正確に見る為の照明と研磨ブースをもっているところを見たことがありません。


簡単に言えば研磨機を使う時点で様々な角度から光があたって反射してしまう【野外である外】や【外からの光が入ってしまうようなガレージ】では正確な窓ガラスの状態を見る事が出来ずに【自分が磨いて付けている磨き傷に気がつかない】のです。

塗装も同様ですが窓ガラスを研磨機で研磨する場合、暗室&ブース内の背景カラーの選定や特殊な様々な照明を使わないと正確に磨けません。
窓ガラスは仮に1mmに満たないミクロンの世界で歪んだり傷が入るだけで光の屈折が変わり物の見え方が変わる為、下手な研磨をしたことで車酔いをしてしまったり健康に害で出ることもあります。


当店のように正確にガラス状態を確認出来る店舗であれば良いですが本来であれば以下に楽にウロコ等が落ちたとして研磨機を安易に使うべきではないと当店では判断をしております。
※本当にそれだけPRO による失敗が多い現実があるからです。


研磨機を使用することで傷だらけにしてしまう以外の失敗例で多いのが窓ガラスにウロコが大量にある時等の条件化で研磨機を下手に使いますとウロコが機械の振動、回転運動と研磨剤の強さとガラス状態の密度等によって窓ガラスに焼きついて癒着してしまう場合があり最悪、ガラス交換をしなくてはならないような一か八かレベルの研磨を入れないとウロコ落とせないといった最悪な現象もあります。


以上の事から本来窓ガラスのウロコ除去は例え時間がかかっても適時にガラス状態を確認しながらじっくりと手磨きで優しく除去することが何より一番だと解釈をしております。


手磨きでの作業はウロコの状態によっては非常に大変であり、慣れない場合では1 日がかりになる場合もあるかもしれませんが私としては視界の確保はカーコーティング等とは違い命に関わる問題である事から是非、この製品を知ったことで窓ガラスに対する知識と繊細な作業を身に付けて頂ければ幸いで御座います。
安全に運転する上でも必要不可欠な窓ガラスのウロコ除去ですでの是非、頑張って作業をしてみてください☆


また、当店として、窓ガラスのウロコ除去を行う場合、液体タイプの酸性ケミカルを使用するケースとこちらの商品のGBS-Gを使用する2パターンが御座いますが、酸性ケミカルの場合、一歩間違えると取り返しの付かなくなる場合も御座いますので一般のお客様にお勧めはしておりませんが酸性ケミカルを使わなくてはならないケースは稀ですのでこのGBS-Gさえあれば
ほとんどのウロコに対応が可能になります!


その他、毒劇物や二次汚染のある成分を一切使用しておりませんので環境にも良い製品となります☆


あくまで目安ですが本品50gでフロント窓ガラス5 枚程度使用出来ます。



<アイサイト3(Ver.3)への使用について>※必ずご確認下さい。
基本的に本製品はの使用はNGとさせて頂いております。
当店ブログ(http://d.hatena.ne.jp/tktktaka/)にアイサイトに関して詳しく記載しておりますのでアイサイトユーザー様は是非ご確認下さい。




<使用方法>
\車を行い、窓ガラス面を砂等の付着物を取り除きます。

∩襯ラス以外の箇所を誤って磨いてしまいますと傷になる可能性がありますので周辺は必要に応じてマスキングテープ等を使用して養生を行ってください。

使用前に容器をよくふり、手に収まるサイズ(5cm×5cm)程度にカットた当店マイクロファイバークロス薄手を適量を取り出してムラなく20cm四方を磨いてください。
最初に内はザラザラした感じが御座いますが次第にザラザラした感じがなくなります。

※ウロコの状態によりますが手の重さ+ アルファ程度の加圧でヌリヌリするイメージで一箇所に対して10 秒〜 20 秒程度を目安に優しく磨いて下さい。間違っても爪を立てるような一点集中の強い磨きは傷の原因になりますので行わないで下さい。

※乾燥してきた場合、霧吹き等で適時に加水しながら作業をすることで無駄な傷の軽減、使用量を抑えることが可能ですので出来るだけ乾燥させないような磨きを意識して下さい。

ぅΕ蹈海両態を確認しながら落ちるまで数回繰り返して作業を行って下さい。
※強く擦ることで傷の原因になります。繰り返しになりますが手の重さ+ アルファ程度の加圧で磨きます。

※目安ですが2 回〜 3 回の磨きで落ちない場合は窓ガラスが陥没している可能性がありますのでこちらの商品では落とすことは出来ません。

ニ瓩が終わりましたら成分が窓ガラスに残らないようにきちんと水で流し、最後に綺麗なクロスで拭きあげて完了となります。
※基本的に本製品で窓ガラスコーティング前の脱脂作業も兼ねておりますが拭き上げたクロスなどが汚れていた場合や、更に確実な油膜除去を行う場合は当店のGBS-Wを行うことでより確実な油膜除去も行えます。


<その他使い方>
(1)耐久性の問題もありますがマイクロファイバークロスの代用品として化粧等に使いますコットンやキッチンペーパーでも使用可能です。

(2)慣れてくれば薄手の医療用ゴム手袋を手に装着し指先に本品を取り出し指の腹で優しくマッサージするように使用する等の方法もあります。この方法はガラスの端等でクロスがうまく当たらない場合、その他指先の感覚でウロコが除去出来ているかをより正確に感じた作業を行う場合には最適ですが指が硬い人であったり万が一強く加圧してしまうとクロス使用より窓ガラスに傷が入るリスクが高くなりますでのご注意下さい。

(3)当別売りのスポンジにクロスやキッチンペーパー巻きつけて使用したり、フェルトスポンジでも使用可能です。
※手磨きスポンジにクロスやキッチンペーパーを巻いて使用する場合、スポンジを使いやすい大きさにカットすると使いやすいです。
※どんな使い方をしても必ず目立たない箇所で試し、問題がない事を確認したのちに強く擦る事はしないで優しく磨いて下さい。



<注意事項>※必ずお読み下さい。
〕諭垢柄襯ラスが御座いますので使用の際には必ず目立たない箇所で使用し、問題が無いことを確認してからお使い下さい。
⊇が入りにくい研磨剤ではありますが強く擦りすぎれば傷がはいりますご注意下さい。特に爪を立てるような擦り方をしますと例え研磨剤を使用しなくても傷が入るほど窓ガラスは繊細ですのでお気をつけ下さい。
0吸入厳禁、保護眼鏡、保護手袋を着用してご使用下さい。
せ匐,亮蠅貌呂所、食べ物の近くにはに置かないで下さい。
ニが一目に入った場合は擦らずに直ちに清浄な水で少なくとも15 分以上洗浄し直ちに医師の診察を受けて下さい。
※コンタクトレンズを容易に取り外せる場合には取り外して洗らって下さい。
λが一皮膚に付着した場合、直ちに清浄な水と石鹸で洗い流す。異常があれば医師の診察を受けて下さい。
万が一飲み込んだ場合、清浄な水で口の中を洗浄し、直ちに医師の診察を受ける。
万が一吸引した場合、不快感を覚えたら、直ちに新鮮な空気の場所に移動し、安静にし異常があれば医師の診察を受けて下さい。
室内作業の場合、換気を良くして下さい。
保管する際は密栓をし高温になる場所には保管しないで下さい。
衣類に付着すると染み等になる可能性がありますので付着した際は直ぐに洗い流して下さい。
酸化剤(過酸化水素等)と混合すると酸素を発生し危険な為、同一場所で保管しないで下さい。
施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 1,944円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

この商品を買った人はこんな商品も買っています

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年6月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930
2017年7月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
営業カレンダー
Mobile Shop
QR