1. ホーム
  2.  > 洗車クロス
  3.  > 【お徳用3枚セット】Scratchless Cloth(スクラッチレスクロス) TMF(茶色のもふもふ)

【お徳用3枚セット】Scratchless Cloth(スクラッチレスクロス) TMF(茶色のもふもふ)

※本製品はお徳用三枚セットの商品ページとなります。本来、洗車とはTOP面、下回り、タイヤ回りでクロスを使い分けることがベストとなりますので使い分ける場合、本製品であるセット購入がお得です☆


<ご確認下さい>
本製品はスクラッチレスクロスバージョン2をベースにカスタマイズしたモデルとなりますので、基本性能に関しましてはバージョン2の商品ページをご確認下さい。
https://ganbass.net/?pid=119778147


<製品紹介>

本製品スクラッチレスクロスTMF(茶色のもふもふ)は、スクラッチレスクロスバージョン2の基本性能をそのままに、ご要望が強かった性能、今まで取り入れなかった性能を付与!


オリジナル版の良い所を可能な限り殺さずに、如何に優秀にスピンオフさせるか!!


どの業界も【スピンオフ=オリジナルを超えられない】。
そもそもベクトルが異なるので比較は出来ませんが。


これが定着しておりますが、これを可能な限り払拭できるように作りこんだ1つの完成形が、スクラッチレスクロスTMFとなります!


トータル性能で言えばバランスが良いバージョン2には負けてしまいますが、各所の性能を突出させたことにより、目的が合致したケース等では最強の使いやすさと性能を誇ります!!


是非用途や目的に応じてオリジナル版と使い分けてご使用下さい!!


<スクラッチレスクロスバージョン2との違い>

(1)厚みの変更
バージョン2よりも厚みをUPさせることで、洗車に不慣れな方でも扱いやすくなっております。
特に、近年きつくなってきている車の激しいボディラインでもより安心してご使用頂けます。

(2)繊維の弾性変更
繊維の弾性を変更することで、よりクッション性能をUPさせました。
上記厚みUPとこの弾性変更により、より一層、洗車に慣れていない方でも低リスクな洗車を行うことが可能となります。
車の足回りで例えるならバージョン2がスポーツタイプのローダウン仕様!本製品であるTMFは多少のギャップは物ともしないリフトアップ仕様と言えます。
PRO施工店様であればお客様がご来店時、また作業前に、使用する機材の説明を行うことが通常かと思いますが、バージョン2よりも厚みがあり、特徴が素人目線からでも明確であることから、クロスのことが分からない一般のお客様に対しても一目、そして一度触って頂ければ【如何に塗装に優しいクロスであるか!!】ご理解して頂きやすくなるかと思いますのでお客様の安心に直結いたします。

(3)ファイバー加工
上記セッティング変更に伴い、最適化。
バージョン2より耐久性が1.5倍程度UPしております。

(4)繊維へのコーティング加工【その1】
スクラッチレスクロス初期モデルで採用していた帯電防止加工を施したことにより、PROであれば納車前のボディにのっているホコリ取り、そして車内ダッシュボード等の簡易的なホコリ取りとしてもご使用頂けます。
車内のホコリ以外の汚れ落としには、ディテイルクロスPRO(アツティメットスタンダード)ハイテクスチャークロスがお勧めです。

(5)繊維へのコーティング加工【その2】
本製品では、バージョン2モデルより厚みをUPさせましたが、本来マイクロファイバークロスを厚くすることは他のデメリットを発生させてしまい限界が御座いました。
しかしながら、今回は特殊な加工を施すことによりこのデメリットを軽減させることに成功致しました。

(6)カラー変更
高級思考のPRO施工店様やDIYユーザー様からの強い要望により、カラーをホワイトから毛皮カラーである茶色に変更を行いました。
茶色に変更したことにより、当店クロスの代名詞である汚れセンサーの性能は御座いませんので汚れセンサーとして使用する場合はバージョン2をご使用下さい。

ホワイトカラーよりも高級感が御座いますので車内に置いておいても違和感が少ないとてもかっこいいクロスとなります。



<製作者としてバージョン2とどちらがよいか?本音>
冒頭からいきなりの爆弾発言となりますが。

本製品であるスクラッチレスクロスTMF(茶色のもふもふ)。

塗装に傷を入れないことを最大の目的として、既に当店スクラッチレスクロスバージョン2等をお持ちであれば無理に買う必用は御座いません。

勿論、このクロスに関しましても他のクロス同様に明確な目的等がありますし、使い分けに関しましても上記説明通りとなりますので、適材適所で使い分けて頂ければ最もベストな仕上がりを求めることが出来るのは間違いありません。

しかし、あえて発言を恐れずに、製作者としての気持ちを素直に言ってしまいますと。。。

このスクラッチレスクロスTMFに関しては!

出来れば他のスクラッチレスクロスと科学的な数字で比べてほしくない。

そんな気持ちが拭い去れないほど。。。

個性が強いクロスであり、使いやすさだけに特化してしまえば最強なのではないか?と言えます。

当店では毎度、論文並みの長さで商品説明をしているのですが。

あえて今回は長くは語ることを控えさせて頂きたいなと。。。
今回のクロスの場合、非開示内容が絡む技術的なことが多く、語りたくても語れない側面も多少関係致しますが。


理由としては、改めて語らずとも、既に【スクラッチレスクロス】と名前が付いている時点で良いクロスであることは決まりきっているのです。
当店のアイデンテティーとしての中核を担う製品に妥協等は一切存在しません。

下記リンクさせて頂いておりますブログ記事に御座います通り、問答無用の適材適所として既にスクラッチレスクロスは不動の位置に君臨している事実。

スクラッチレスクロスシリーズは、もう細かく語る必用がないほど完成しきっているクロスであり、一度使って頂ければ個々の特徴が明確である事も含めて一発で理解ができる完成度なのです。


このことから。。。


あえて、今回のスクラッチレスクロスTMF(茶色のもふもふ)に関しましては。。。

長ったらしいウンチクを語らずに一言!!


【使っていて楽しいクロス】


この一言で心動かされるユーザー様に使って頂ければと思っております☆

是非一度使ってみて頂ければ!!

きっと心の中でバージョン2を超えることをお約束致します☆
目的が合致すればバージョン2を超えますので、あくまでトータルバランス性能としてバージョン2に及ばないと表現しております。



<羊毛であるムートンやスポンジと迷っている方へ>
スクラッチレスクロスにしようかな?

それともムートンにしようかな?

はたまたスポンジにしようかな?

悩まれている方も多いかと思います。

当店ではスクラッチレスクロス以外を使用する事は、様々な理由により非常に少なくなります。

詳しくは下記当店ブログにて詳しく理由をご説明させて頂いておりますので是非ご一読頂ければ幸いです。

http://www.ganbass-freestyle-blog.com/entry/2017/07/04/153011



<サイズ>
25x30cm


<交換目安>
目安として洗車回数20回〜25回を目安い新しいものと交換。



<注意事項>※必ずお読み下さい。

‐椶靴はブログ記事にてご説明しておりますが、本製品は初期モデルのスクラッチレスクロスと異なり、クロスカット方法に超音波を採用しております。この超音波カットにより毛抜け等の問題は改善されましたが超音波カットのデメリットとしてエッジが硬くなる問題が生まれます。この事から、洗車傷抑制を最優先する場合、初期モデルのスクラッチレスクロスと同様に通常カットがベストであることから、洗車傷抑制を徹底する場合であればエッジをハサミ等でカットしてご使用下さい。
如何に傷が入りにくいクロスでも砂汚れがあったり、強くこすれば傷が入ります。可能な限り大量の水流で砂汚れ等を落としてからご使用頂くか、当店販売の洗車マニュアル記載の施工方法にて洗車を行って下さい。
ご使用後は良く濯いで汚れを落とし陰干しにて乾燥させてから直射日光の当たらない場所にて保管して下さい。
ど最鮑泙篏斉雕泙六藩兔侏茲泙擦鵑里任潅躇娉爾気ぁ
ツ昭容光の当たる場所で保管しますと変色、変質する恐れがありますのでご注意下さい。
使用期限は使い方や保管方法等によって異なるので定めることは出来ませんが、明らかにクロスが硬くなったり、また汚れてきた場合には傷の原因となりますので交換をして下さい。
Щ楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。


<最後に>
本製品は実際に水に濡らし、そしてシャンプーをつけてクロスを滑らせたその瞬間も含めたそれ以降に価値を理解することが出来る最高のクロスです!是非洗車のマストアイテムとしてお使い頂ければ幸いで御座います☆


【警告】※主に同業者様へ
この商品は当店の登録商標内容に必要な製品ですので商標権的な側面で当店のクロスと類似する商品を
新しく開発、販売される場合、法的に当店への侵害になる場合が御座います。
良い製品を真似される事が多い業界でもありますのでご注意とご理解をお願い申し上げます。

販売価格 2,268円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
2018年9月
1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
営業カレンダー
Mobile Shop
QR