1. ホーム
  2.  > 油分除去剤
  3.  > PM-LIGHT(油分除去剤マルチクリーナー)200ml

PM-LIGHT(油分除去剤マルチクリーナー)200ml

<製品の特徴>

PM-LIGHTは研磨剤未配合であると同時に粒子にも拘った本当に塗装に優しいマルチクリーナーです!
※コーティングのメンテナンスにREBOOTと同時に必要不可欠なケミカルです!


まず第一に特記する事で言えば、シリカスケール系の汚れ以外ではまず一番最初に使うクリーナーです!

特に世間一般的に汚れ落としには様々な製品がありますが極端に溶剤濃度が高かったり、研磨剤が配合されている事が多く、『本来であればそこまで強力なクリーナーを使わなくても落とせるのに』と言った製品が多くあります。

繰り返しますがPM-LIGHTは研磨剤も未配合であり成分粒子も細かく成分も優しく作って入る事から、当店検証では世に出回るどんなクリーナーよりも塗装に優しく無駄に塗装にダメージを入れる事はありません!!


これだけ優しい事から新車での使用は勿論のこと、塗装が死んでいる低密度な塗装にも限りなく使用リスクが低く安心です!!


その他、傷なのか汚れなのか分からない場合がよくあると思いますがそんな時にもPM-LIGHTを一番最初に試し、落ちるなら汚れ!落ちないなら傷でPM-LIGHTの後に研磨剤を使う事で無駄に塗装を削る必要がなくなります!


当店のように塗装を拡大して見る計器を持っているなら問題がありませんがない場合ではPM-LIGHTが測定器の役目を果たしてくれます☆



第二に特記する事で言えばPM-LIGHTは当店の硬化系コーティング剤である、AVELL、更に当店での新車講習コーティングプラン受講者、若しくは新車コーティング施工キットをご購入頂きましたお客様のみに販売しているQURERATZ硬化系ガラスコーティング等の硬化系専用のメンテナンス剤でもあります。
※他社も含めた多くの硬化系コーティング剤のメンテナンスにお使い頂けます。


これは当店の硬化系コーティング剤だけではありませんが基本的に硬化系コーティング剤は『摩擦』がNGです。


極端に言えば本当に薄い存在であるコーティング膜に摩擦を加える事はコーティング性能を低下させてしまう大きな原因となります。


当然のように研磨剤など使用する事も出来ませんし濃度の強い酸性や濃度の強い溶剤の使用はなるべく控えなくてはなりません。


そんな時にPM-LIGHTであれば研磨剤は未配合であり、粒子も非常に優しく成分も優しい事から硬化系コーティング膜に極力ダメージを入れないで汚れのみを落とす事が可能です!!




しかもクリーナーだけの性能だけではなくコーティング効果もある特殊なメンテナンス剤でもあり、PM-LIGHTをベースにし、その後オーバーコーティングを施工すると言った方法もあります。


本当に塗装にもコーティング膜にも優しいクリーナーであり無くてはならないケミカルです!!!
当店オーバーコーティング剤であるHAZEとSPHEREやBP-MIX等はPM-LIGHTの使い方によっては落ちてしまう事もありますのでPM-LIGHTを使用した時点で再施工との解釈です。


あと、これは良く勘違いをされてしまうのですが基本、油系の汚れ落としクリーナーなので【脱脂剤】ではないかと思われがちですが油系を落とすクリーナーですが脱脂剤ではありません。油分落としと脱脂では意味が違いますのでお間違えのないようにお願い申しあげます。

PM-LIGHTの簡単なイメージとして同系で同系を落とすことがポイントとなります!


油分落しマルチクリーナーであって脱脂剤ではない!油分落としてあってコーティング剤でもある!



柔軟な発想から生まれた不思議なケミカルである当店のPM-LIGHT!


塗装面だけではなく、ホイールやドアのヒンジ、エンジンルーム内にもご使用可能です☆


別の使い方では、新車時に塗装に張られているフィルムの剥がし残りを除去する場合、フィルムを軟化させ塗装優しく除去する事が可能です。

一般的に新車時のフィルム残りはシリコンオフ等で落としますがシリコンオフ等よりも優しく落とす事が可能です☆


その他、酸性ケミカルが塗装に反応してしまいメンテナンスで必須である酸性ケミカルが使えないスイフトのチャンピオンイエロー4等のソリッドカラー等でも安心してお使い頂けます☆





再度繰り返しますが傷なのか?それも汚れなのか?いきなりゴシゴシ擦る、研磨剤を使うのではなく、まずはこのPM-LIGHTで落ちるか確認をし、PM−LIGHTで落ちない場合、そこではじめて研磨剤を使う事で無駄に塗装にダメージを入れる事から回避出来ます。


特に言い訳が聞かない、講習等の講師をしている時、『これは傷ですか?それとも汚れですが?』この質問時にルーペ、スーパーマクロ等ですら判断できない場合、必ず『こう言う時の為のPM−LIGHTですよ』と言える程、便利なケミカルであり研磨剤が入っていない製品は世に沢山ありますが粒子まで拘っているので本当に限りなく塗装に優しいケミカルです!!


当店では、先ずはPM-LIGHTで汚れが落ちるか確認します。それでも落ちない場合、水溶性脱脂剤であるGBS-D、それでも落ちない場合シリコンオフ脱脂剤、若しくは研磨剤が入っていないけど粒子が大きめのFZEROを使用し、それでも落ちない場合、超微粒子で塗装に優しい水溶性で研磨剤配合のBP-80、若しくは、WINKを使用し、それでも落ちない場合、ここで初めて研磨剤を使用します。


<使用方法>※推奨施工方法
\車を行った後に水滴を拭きあげます。
※多少水滴が残っていても可
■劭釘贈錬錬圓捻染みやスケールを落とします。
※REBOOTを使用する場合、必ずREBOOTの後にご使用下さい。
G┐蕕靴禿度に絞ったクロスに満遍なく塗布します。
ち澗里鮴車の要領で吹き上げます。
※思っている以上にクロスに汚れが付着する場合もある為、小まめにクロス濯ぎ、新しい面に変えてご使用下さい。
ヅ匹蟾げたら乾いたクロスでしっかりと拭きあげてメンテナンス完了です。
Υ憤廛魁璽謄ング効果がありますので現状の艶で満足であればそのままフィニッシュ。更に撥水と艶、防汚性能を求めるならオーバーコートでHAZEとSPHERE等の当店のオーバーコーティング剤をご使用下さい。
※乾いたクロスで使用する事も可能ですが乾いたクロスで使用する場合、スポット的な汚れ等を落とす場合を推奨します。広い面を施工刷る場合、塗れたクロスのほうが本液がスムーズにクロスに流動し乾いているクロスを使用するよりも汚れが落ちやすいケースが多いです。そして塗装面への更なる傷防止になるからです。

<使用方法>※スポット施工方法
‖仂殃に直接PM-LIGHTを塗布します。
▲泪ぅロファイバークロスで優しくヌリヌリする感じで擦ります。
※強固に付着している場合、塗布後暫く(1分以内程度)放置し軟化を促進させてから除去することで簡単に取れる場合もあります。



<注意事項>
,海両ι覆鰐分除去剤であり、脱脂剤ではありませんので硬化系コーティング施工前に行った場合、シリコンオフ等で脱脂をする必要が御座いますのでお間違えないようにお願い申し上げます。
∩襯ラス、未塗装箇所、著しく痛んでいる塗装には使用出来ませんのでご注意下さい。
L槊たない箇所で一度試してからお使い下さい。
ぐ料厳禁、手が荒れる可能性もありますので保護手袋をご使用下さい。
セ匐,亮蠅貌呂所、食べ物の近くにはに置かないで下さい。
λが一飲み込んだり目に入った場合は速やかに水で流し、医師の診断を受けて下さい。
本製品に使用しております容器は成分の特性的に考えるとPET素材をセレクトしたいのが本音では御座いますがPET素材は衝撃に対して非常に弱い特性が御座いますので落としたり強く容器を凹ませるような使い方をされると容器が割れてしまいますことから当店では衝撃に強いPE(ポリエチレン)素材を採用しております。しかしながら本液をPE(ポリエチレン)容器で保管しますと容器がへこむ現状が発生致しますが繊細なPET素材を選び容器が割れて液体が漏れてしまうよりは良いとの判断で御座いますことを予めご了承下さい。
┿楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 2,322円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

この商品を買った人はこんな商品も買っています

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2017年10月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
営業カレンダー
Mobile Shop
QR