1. ホーム
  2.  > 雨染み、スケール、黒ずみ除去剤、ウォータースポット除去
  3.  > 【お徳用1000ml】REBOOT(イオンデポジット、ウォータースポット,スケール、黒ずみ分解液)(乾式専用)

【お徳用1000ml】REBOOT(イオンデポジット、ウォータースポット,スケール、黒ずみ分解液)(乾式専用)

<商品説明の前に初心者の方への重要なアドバイス>
自動車塗装を綺麗に保護するには2つの大きな要素が御座います。

1つは塗装に付着している汚れを(塗装にダメージを入れることなく)落とせるケア用品!
2つは、塗装をケアした後に塗装をラッピングするように保護するコーティング剤!

本製品であるREBOOT-シリーズは、塗装の汚れを落としてケアする最上級のケアケミカルとなります為、自動車保護を目的とする場合、必ず一家に1本無いとお話にならない存在となります。
当店ではREBOOTシリーズが使えないのなら現場作業は廃業となってしまいますほど必ず使用するケアケミカルとなります。

一般の方の場合、塗装保護を行うにはコーティング剤だと勘違いされてしまうことが多くなりますが、自動車塗装分野において一番重要なのはコーティング剤ではなくケアケミカルとなります!

定期的に本製品であるREBOOTシリーズでケアしながら都度コーティング剤を施工して下さい。

その他、REBOOTシリーズ以外の当店のメインケアケミカルとして、コーティング皮膜を維持しながら汚れを落とすPM-LIGHT、通常の洗車では落とせない油分を落として塗装面へのケミカルやコーティング剤の食い付きを良くするORIGIN脱脂シャンプー。

もし何を買えば良いか迷った場合、本製品を含めたREBOOT-シリーズ、PM-LIGHTORIGIN脱脂シャンプーさえ買えばPROと同じ作業を行う事が可能となりますのでお勧めとなります。
情報が多い現代ですが、インターネット上には正しい情報が極めて少ないため、ご注意下さい。
DIY作業の方の場合、REBOOT-GEL高粘度タイプがお勧めとなります。



<前置き>
先ず、細かい事は一度忘れて頂き、これだけを頭に叩き込んで頂けますようお願い申し上げます。

繰り返しとなりますが、本製品は、カーディテイルと言う世界において絶対に欠かす事が出来ず、むしろ本製品を使用しないのであれば本格的なカーディテイル作業、ハイレベルなコーティング剤施工が全て無意味になってしまうほど極めて重要な弊社のメインケミカルとなります。
コーティング剤より何倍も大事なケミカルとなります。

是非、商品説明、そして関連商品ページを良くお読みになった上で、可能な限り本製品をご使用頂く事を強くお勧め致します。
この製品の代替えはありません。必ず必要になる製品となります。


尚、冒頭でも記載をさせて頂きましたが、本製品はPROの方や作業に慣れている方を対象にした製品で御座います事から、慣れていない初心者の方やDIY作業の方の場合、DIY専用で制作しておりますREBOOT-GEL高粘度タイプをお選び下さい。
REBOOTとREBOOT-GEL高粘度の中間の場合はノーマルのREBOOT-GELがお勧めとなります。




<商品説明>
REBOOTはどんなコーティングを施工していようとも必ず付着してしまう洗車によるスケール(水染み)、その他(雨染みやデボジット)、エンブレムや各所の淵やエッジにある黒ずみを分解除去する業務用の専用ケミカルとなります。
世間では研磨剤が入っているクリーナーが多く販売されておりますが研磨剤が入っている時点で塗装を削る事になるのでクリーナーとは言いません!それはコンパウンドですので僅か100μ程度しかない塗装を無駄に削りながら汚れを落とす事になりますのでお気をつけ下さい。


特に水分を起因とした塗装ダメージは塗装陥没など、リカバリー出来ない程、深刻な塗装ダメージに繋がることが多く、塗装面にある水分をどんなに丁寧に拭きあげたとしても必ず付着し、塗装表面、コーティング表面を覆ってしまうスケールを簡単施工で落とすことが出来ます。


その他、世間一般的にコーティング性能を(撥水が弱くなってきたからコーティングの効果が落ちた)と勘違いされるケースが御座いますが、ほとんどのケースがコーティングの性能が低下したのではなく、コーティング層の上にスケールがのったことで撥水が弱まっているのがほとんどです。


このREBOOTを使用することでコーティング層にダメージを最小限に抑えつつコーティング層の上に乗っているスケールだけを除去出来るため、塗装にもコーティング層にも優しいケミカルになります。
塗装にも優しく同時にコーティングにも優しい酸性ケミカルは当店の検証ではREBOOT だけです!


どんなコーティングを施工しても必ず付着してしまうスケールや雨染み汚れ!!

どんなコーティングを行う前に必ず除去しなくてはならないスケールや雨染み除去!!

必ずエンブレム周りやエッジ等の細部に溜まってしまう黒ずみ汚れ!!


スケール汚れや雨染みを放置することで塗装陥没等の取り返しのつかない塗装ダメージを防ぐにはREBOOTは何があっても欠かせないアイテムになります!!!!


実際に当店の下地処理や、コーティングメンテナンスでは一番重要なケミカルであると同時に、このケミカルが無い事には絶対に塗装はスッピンに成らないと言える程、何より当店が重宝しているケミカルです。
繰り返しとなりますが、REBOOTシリーズが現場で使えないのであれば仕事が出来ない為、廃業するしかありません。


数ある水染み除去剤の中でも塗装への負担が少ないタイプですのできちんとした方法で施工すれば一般ユーザーでも低リスクで作業が行えます。

コーティング剤やその他どんなケミカルよりも塗装保護に重要なREBOOTを正しく扱うことが出来ればこれほど塗装保護に役立つケミカルはありません!!!!



<過去のブログでの紹介>
お時間があればご一読下さい。

REBOOTの絶対的な必要性(最新)
REBOOTの必要性(過去)
REBOOTについて必ず知ってほしいこと(必須)
※上記3ブログを必ずお読み下さい。



<補足事項>
当店のREBOOTシリーズは、当店販売のコーティング剤とのマッチングを合わせておりますの為、コーティング膜の上に乗っている付着物だけを除去出来ますことから、洗車毎にコーティングを施工することなく、同時にコーティング膜に強いダメージを与えることなく、コート剤を落とさずに汚れだけを落とすことが出来ますのでREBOOTシリーズを使用していれば簡易系コーティング剤(HAZEやSPHERE)でも数ヶ月に1 回のコーティングで維持が可能になり経済的です。
REBOOT-PROの場合、簡易系コーティング剤が落ちる場合もありますがケースバイケースですので状況で結果が変わります。



<補足事項2>
当店のコーティング剤に限らず、どんなコーティングを施工するにしても塗装をきちんとリセットすることでコーティング剤の性能を限りなく高める事が出来ますので、言い方を変えれば、REBOOTシリーズは全てのコーティング剤の効果、定着を促進させる栄養ドリンクのような存在でもあります!


繰り返しとなりますが、洗車では絶対に落とせない雨染み、イオンデポジット、スケール、黒ずみを落とすREBOOTシリーズ!!


騙されたと思って使ってみて下さい!!!!



<REBOOTをどんなスパンで使用するか>
このご質問がかなり多い事もありますのでご説明を致します。

まずREBOOT(その他シリーズも含む)をどんなスパンで使う事が理想なのか?このご質問の答えは、千差万別の塗装状態、お客様の車の保管状態等で大きく変わる為、一概に言える事ではありません。

しかしながらコーティング施工の有無問わず、野外駐車を想定した場合、塗装状態によっては、スケール被害(塗装陥没等)は早ければ1ヶ月程度、通常でも3ヵ月〜6ヶ月程度で発生してしまいます。

再塗装車両や、近年薄くなる塗装では場合によっては1ヶ月もたたないうちに軽度の塗装陥没が起こる場合すら珍しくありません。

その他、ガラス純度が高いコーティング剤を施工してある場合も同様に、スケール被害が通常より高まります。
※当店の硬化系コーティング剤がガラス純度を無駄に高くしない理由でもあります。


以上の理由から、最低でも3ヵ月に一度はスケール(雨染み)を除去する事で最大限、塗装陥没を抑制することが出来るかと思います。
ブラック塗装等の極めて繊細な鏡面塗装に対してマメに施工する場合であり、同時に塗装への負担が気になる場合、DIY専用品であり、傷抑制に繋がる湿式施工タイプのREBOOT-GEL高粘度タイプであれば傷の心配は無用となりますのでハイスパンで使用する事を前提の場合は高粘度タイプをご使用下さい。


勿論、塗装状態、どんなコーティング剤を施工されたのか?それでもREBOOTの使用頻度は変わる為、あくまで目安ですがご参考になさって下さい!


<他社コーティング剤との相性について>
これに関しましては最下部の注意事項に記載が御座いますが、基本的に他社製品との相性は保証しておりません。

理由と致しまして大小様々御座いますが、一番の理由を下記当店のセカンドブログ記事でご説明をしておりますのぜ是非ご一読下さい。
※2017 年6 月18 日の記事(http://www.ganbass-freestyle-blog.com/entry/2017/06/18/054802)

上記ブログ記事は、他社様の製品が絡むお話となりますので営業妨害にならないよう、かなりオブラートに包んでお話をさせて頂いておりますが、コーティング業界の闇と合わせて、本気で塗装保護を目指したいユーザー様や間違えたコーティング剤セレクトやしたくないユーザー様にとっては絶対に理解しなくてはならない非常に大事な内容となっております。



<使用方法>※この製品は使用方法を絶対に厳守でお願い致します。

\車を行い、塗装表面にある砂汚れ等を落とします。水分が塗装面にあると効果が薄れてしまうので洗車後は出来る限り水分を拭きあげて下さい。
久しぶりの洗車の場合、オリジン脱脂シャンプーにて洗車をすることでREBOOTの性能をより発揮することが可能となります。


¬槊たない箇所で安全に使用出来るかのマッチングテストを行った後に乾いたクロスに適量を馴染ませ、塗装面に塗り広げます。
スプレーノズルに切り替えて使用してしまいますと、関係がない箇所に飛び散る恐れがありますので絶対にノズルの変更はしないで下さい。
ケミカル使用の基本として一度に広く塗り広げず、塗装面をきちんと確認しながら30 センチ四方程度の範囲に塗りこんでください。
REBOOTは金属面やガラス面に使用出来ませんのでREBOOTが付かないように必要に応じてマスキングテープ等で養生して下さい。


E匹蟾げますと数秒で白く雨染み(スケール)が浮かび上がりますので別のクロスで拭き取ります。
もともと目で見えるスケールは塗布して優しく擦ると綺麗に消えます。
強烈に固着しているスケールには数回の塗布と拭き取りを繰り返します。それでも消えないスケール跡は陥没している可能性がありますので研磨でしか落とせません。
本液は炎天下や高温時での使用や塗装面に長く放置することは厳禁です。当店現場でも1 回塗布して1 分以上の時間を置く事は絶対にあません( 基本、
液体乾燥前に拭き取る)。理由と致しましては、一度に長く放置させるよりも、塗ってすぐ拭き取ってを繰り返すことのほうがケミカルダメージのリスク軽減が出来ると同時に結果的に除去力も高まります。特に夏場や高温時にやむ終えず使用しなくてはならない場合、塗ったら乾燥する前に即座に拭き取り&水で
流して下さい。その他、低年式車や再塗装車両や素材が痛んでいる場合では通常よりも念入りに目立たない箇所で確認&使用後は即座に水で洗い流して下さい。


で鬚スケールが浮かび上がってこなくなったりザラザラ感が無くなっていればスケール除去が完了です。
白く浮かび上がらない塗装状態も御座います。詳しくは下記( 予備知識2) をご覧ください。


ズ埜紊某紊芭し、綺麗なクロスで拭き上げてフィニッシュです!
推奨致しませんと同時に、傷んでいる塗装ではNGとなりますが、やむを得ない状況や、水をどうしても使えない状態の場合は、REBOOT 使用後、直ち
に水で濡らし適度に絞ったクロスで拭き、その後直ちに乾いたクロスで仕上げ拭き上げでのフィニッシュも最悪可能となります。
全く反応しない場合、上記記載通りの塗装陥没等の可能性が非常に強いですが、場合によっては油分が塗装面に多く付着していることでREBOOTの反応を邪魔している場合も御座いますので、その様なケースの場合はREBOOTの前にオリジン脱脂シャンプー、シリコンオフ、GBS-D等で油分を除去してからご使用下さい。それでも落ちない場合、REBOOT-PRO を使用する事で落ちるケース、そしてシリカスケールのような雨染みに見えて、実は花粉のケースも御座います。
また、花粉の場合、軽度な花粉であればGBS-Aや虫取りクリーナー等のアルカリクリーナーで除去。重度の花粉では80 度以上のお湯をかける、若しくは80 度以上の蒸しタオル、その他ヒートガン等の熱処理を行う事で花粉除去が可能です。因みに花粉に対しての余談ですが、花粉は絶対にいきなり磨く事をお控え下さい。
場合によってはリカバリーが困難になりますのでまずはアルカリクリーナーや80 度〜素材にダメージが入らないレベルの温度120 度目安で熱処理を行って下さい。


<予備知識1:REBOOTでシリカスケールが落ちない場合>
基本的にREBOOTは、水が乾燥して発生する析出物であるシリカスケールが塗装表面やケミカルが届く範囲に存在する以上、ほぼ必ずシリカスケールに反応し除去する事が可能ですので、仮にREBOOTを使用しても落ちないシリカスケールがある場合、それはシリカスケールではなく塗装その物が陥没しているケースや、シリカスケールが塗装に深く落ち込んでしまっており、ケミカルがシリカスケールまで届かない事がほとんどとなります。
その様な状態の場合、REBOOTに限らず基本、ケミカルで落とす事は出来ず、研磨での対処となりDIY等では困難な作業になってしまいます。


REBOOTはこの様に、ケミカルで対処が出来ないような塗装陥没や塗装に深く落ち込んでしまうような染みを事前に防ぐための存在ですのでお客様の
お車の塗装状態に応じて定期的にしっかりとしたREBOOTによる下地処理を行って下さい。
REBOOTで落ちない場合、REBOOT→GBS-A→WINK→研磨剤の順番で落ちるか試してみて下さい。理想は研磨剤を使用することなく落と
せることに超した事はありません。←ご予算にゆとりがある場合、REBOOT後にREBOOT−PROを試して頂く事も場合よってはかなり有効となります。



<予備知識2:REBOOTを使用しても白く浮かび上がらない場合>
基本としてREBOOTを塗り広げて白く反応しない塗装の場合、新車や保管状態が良好である場合等、元々シリカスケールが少ない良好な状態であったと考えられるケースも御座いますが、多くは低密度塗装( 砂漠のようにスカスカな状態) である事から、シリカスケールが塗装に深く落ち込んでしまい、REBOOTが届いていないようなケースであったり、しっかりとコーティングが効いていないことが原因であることが多くなります。

先にも記載させて頂きましたがREBOOTは水が乾燥することで発生するシリカスケールが塗装表面やコーティング膜の上に存在している以上、ほぼ必ず反応します。

ほぼ必ず反応するにも関わらず白く反応しないと言う事は、塗装表面にシリカスケールが存在していない証拠であったり、コーティング皮膜を突き抜けて塗装に水が染みこんでしまっている証拠でも御座いますことから、その様な塗装状態であれば一度塗装のリメイクやコーティング剤を見直す必要が御座います。

また、REBOOTによって白くシリカスケールが浮かび上がらないから、REBOOTが効いていないのではないか?こう心配される方もいらっしゃいますが、仮に白く浮かび上がらなくとも最初にREBOOTを塗布した時にザラザラしていたものが次第にツルツルになってきている等の指感で変化に気がつく
事や、水をかけた時の撥水状態や水の引き方等、そしてコーティング施工時のノリの良さや施工後の性能を見るとREBOOTを行った事による変化に気が付きます。

何度もご説明をさせて頂いておりますが、REBOOTは水分と言う物が存在している以上、上記記載どおりほぼ必ず反応致しますので白く浮かび上がらなくとも除去が出来ている場合がほとんどですのでご安心下さい。


【成分】
有機酸、無機酸、界面活性剤
本製品は「毒劇物指定外商品」となっております。
生分解性97%で環境にやさしい製品となります。


【注意事項】※必ずお読み下さい。
,海離吋潺ルは無機酸、有機酸で作られた酸性ですので塩素系のケミカルや他の洗浄剤と混ぜることは有害ガスが発生しますので厳禁となります。
△海両ι覆賄店の各種コーティング剤に合わせて製作をしておりますので他のコーティングとの相性に関しては保障いたしかねますので予めご了承下さい。
E描に極力ダメージを入れない製品では御座いますが酸性の為、塗装に塗布しての長時間放置は塗装を侵すことになる可能性も御座いますので放置は厳禁となります。
せ誓ですので金属面全般、ガラス、表面処理されていない各種無垢素材や傷んでいる素材には使用しないで下さい。万が一付着してしまった場合は即、水で洗い流して下さい。必要に応じてマスキングテープ等で養生して下さい。
※スズキ スイフトのチャンピオンイエロー4等のクリアが無いソリッドカラーに酸性ケミカルは使用出来ませんのでご注意下さい。
セ誓ですので使用にあたっては必ず保護手袋や保護めがねを着用して施工して下さい。
Ρ蠹群爾箙皺校での使用はお控え下さい。
Ыの原因になりますので風の強い日のご使用はお控え下さい。
┫控い鮟淑に行って下さい。特に室内で使用する場合、換気設備がない状態での使用はお控え下さい。
使用前に必ず目立たないところで試してからお使い下さい。特に再塗装車両や低年式車、傷が多い車両、そしてクリア塗装を施されていない車両は注意が必要です。パネルごとに細かく確認する事をお勧め致します。
万が一目に入った場合、直ちに水で目を瞼の裏まで念入りに15 分以上洗浄し、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
コンタクトレンズを使用していた場合で容易にコンタクトレンズを外せるのであればコンタクトレンズを外して目を念入りに洗って下さい。
万が一飲み込んでしまった場合、直ぐにコップ2 杯分の水を飲み吐き出さず、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
皮膚に付着してしまった場合、水で洗い流して下さい。素手で使用しますと指先が痛くなる場合があります。
異常がある場合、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
吸引した場合で不快感を感じたら直ちに新鮮な空気の場所に移動し安静にし、異常があるようであれば医師の診断を受けて下さい。
子供の手の届くところ、飲食物の近くには置かないで下さい。
保管する場合、40℃以上で高温になる場所には置かず、涼しい場合できちんと中栓を閉めて保管をして下さい。また小分けを行う場合、必ず指定のポリエチレン容器をご使用下さい。
斡般獲僂寮宿覆任△觧から、一般使用の場合、十分注意をしてご使用下さい。
瓜楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【現在の最短納期目安】※12月4日更新

【最短】4〜7日営業日前後

現在ご注文が大変混み合っております関係により上記記載の納期はあくまで暫定的な(最短目安)となり、実際の状況によって大きく変わる場合が御座いますのでご利用をご検討頂いております場合、ゆとりをもってご注文頂けますと幸いで御座います。


販売価格 5,720円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
営業カレンダー
Mobile Shop
QR