1. ホーム
  2.  > クリーンコート剤(汚れ落としと同時にコーティング!)
  3.  > 【お徳用500ml】MOMOSHINE(クリーンコート剤)

【お徳用500ml】MOMOSHINE(クリーンコート剤)

<前置き>
本製品はYouTuberである(ももみうち)様から、『こんな製品が欲しい』とのご要望を受けて製作を行いましたコラボレーション製品となります。
女性カーディテイラーの一面もあるももみうち様の求めるご要望に対して、弊社が全力で挑戦させて頂きました製品となっておりますので是非ご検討下さい。


<商品説明>
本製品は洗車で落ちない汚れを落としながら、同時に塗装面にコーティング施工を行うことが出来るオールインワンモデルのクリーンコーティング剤となります。
乾湿両用モデル。

本製品を使用することで、洗車では落とせない汚れを落とし、同時に塗装面に撥水性能の付与と艶を出す効果が御座います。
施工性を担保しながらクリーナー効果、撥水効果、艶効果が高次元でバランス良くまとまっております。

忙しい現代において、カーケアは出来るだけシンプルにしたい!

手を抜くつもりはないけど、出来るだけ作業は簡略化したい!

逆に。

ワックスのようにしっかりと塗り込んで艶出しをしたい。

お手軽=簡易的と言うイメージではなくしっかりと目視で確認出来る効果が欲しい等。

ご使用になられるユーザー様目的に合わせて、ライトにもヘビーにも使用することが可能となっております。

その他、本製品は従来のオールインワンモデルの弱点とも言える、【セッティングがどっち寄らずで中途半端になりやすい】、【クリーナー兼コーティング剤モデルの宿命である、拭き取り難さ等の作業上での難点】を大きく改善したモデルにもなっております。

この為、これまでオールインワンモデルであまり良いイメージが無かったユーザー様にも満足頂けるように製作をさせて頂いております。

是非ご検討下さい。



<更に詳しい商品説明>
DIYでのカーディテイル作業とは、野外作業&限られた時間の中での作業となってしまい、時には急に砂埃が舞ってしまう事もあれば急に雨が降ってしまうことがある等。

要素すら絡んできてしまう、確定要素が少ない条件下で作業を行わないとならないDIY作業における特有の難しさが御座います。

この為、DIY作業ではいつイレギュラーが発生してもおかしくないと言う前提の元で、各種リスクマネジメントを行いながら作業プランを組み立てなくてはならず、基本的なカーディテイルのルールの軸をぶらさない範囲内において、可能な限り効率的な作業が求められ、意味のある時短作業を探求する事が基本となります。
要するにイレギュラーが発生しやすい環境だからこそ無駄にダラダラ作業を行わず、時には効率化出来るところは最大限効率化を狙う事も大事になると言うこと。

また、DIY作業の場合は、塗装を正確に見る専用設備も無ければ、ケミカル&コーティング剤が正しく反応させる空調設備もありません。

この為、リアルなお話をしてしまうのであれば『本来であれば最善となる中心からずらさない正解を狙いたいけど不可抗力として狙える環境ではない』。

悪く言えばDIY作業だと何処かに必ず妥協ラインが発生する。

等々。

DIYの世界では不可抗力な部分が必ず発生してしまうからこそ『ユーザー様毎による着地地点が個別で異なる』場合が御座います。

本製品はこれらユーザー様毎による個別の着地地点の有り様を模索したモデルであり、これまでのGANBASSで販売してきた細かい使い分けを前提としたPRO仕様モデルのクリーナーとはある意味で方向性が真逆となる製品となっております。

本来であればGANBASSでは目指す事が無いオールインワンモデルでは御座いますが、今回、大変有り難い事にこの様な製品を作って欲しいとの強いご要望を頂けたことから挑戦をさせて頂きました。

実際に製造に着手してみますと、クリーナー効果と合わせて、確実に体感頂けるコーティング効果の両立が大変難しく、苦戦を強いられる事となりましたが、ファーストモデルとしてはこれ以上はないと言える煮詰め方が出来たかと思っております。

是非、様々なシーンにおいてご活用頂ければ幸いで御座います。



<使用方法:クロスによる湿式施工>
(1)洗車を行い、傷の原因になるホコリや砂等をしっかりと落として下さい。
(2)濡らして堅く絞ったマイクロファイバークロスに本液を適量馴染ませて、塗装面に洗車の要領で塗り込んで下さい。
(3)塗り込みましたら乾いた別のマイクロファイバークロスで余剰分と汚れを拭き取って完了となります。
この後にお好みのコーティング剤を施工頂くことも可能となります。


<使用方法:塗装面による湿式施工>
(1)洗車を行い、傷の原因になるホコリや砂等をしっかりと落として下さい。
(2)洗車後の濡れている塗装面の状態に対して、塗装面に直接塗布する。若しくはマイクロファイバークロスに本液を適量馴染ませて、塗装面に洗車の要領で塗り込んで下さい。この方法の場合、クロスを濡らさなくても使用可能となります。
塗装面に水滴が多すぎると作業が行いにくい場合も御座います為、お好みで塗装面の水分量をご調整下さい。
(3)塗り込みましたら乾いた別のマイクロファイバークロスで余剰分と汚れを拭き取って完了となります。
この後にお好みのコーティング剤を施工頂くことも可能となります。


<使用方法:乾式施工>
(1)洗車を行い、傷の原因になるホコリや砂等をしっかりと落として下さい。
(2)マイクロファイバークロス、若しくは塗装面に本液を適量出し、塗装面に塗り込んで下さい。
(3)塗り込みましたら乾いた別のマイクロファイバークロスで余剰分と汚れを拭き取って完了となります。
この後にお好みのコーティング剤を施工頂くことも可能となります。

<備考1>
基本的に、ハイスパンで使用する場合は塗装への負担が低い湿式施工を中心として使用し、汚れが強い部分や、コーティング効果をより発揮させたいような場合では乾式施工を行う使い分けがベストとなります。

<備考2>
本製品は塗装面に使用する事を前提としておりますが、レンズ素材や純正ホイール等にも使用することが可能となります。
なお、ガラス面、未塗装樹脂面、著しく傷んでいる塗装面や低品質な再塗装面には使用することは出来ませんのでご注意下さい。



<Q&A>
良くあるご質問を記載しております。

Q1:このクリーナーに研磨剤は配合されてますか?
A1:本製品には研磨剤は配合されておりません。

Q2:洗車後の使用とのことですが、スケールが酷い場合はREBOOTシリーズは使った方が良いですか?
A2:本製品に限らず、何かしらの作業を行う上で、シリカスケールが多い場合は必ずREBOOTシリーズを使用後に作業を行って下さい。
ただし、本製品は軽度なシリカスケールであれば落とすことが出来ます為、事前に目立たない箇所で確認後に本作業を入る事をお勧め致します。



<御礼>
今回の製品で御座いますがYouTuberであり、女性カーディテイラーでもある『ももみうち』様からご提案頂きましたご要望を形にさせて頂きました。
ももみうち様にはこれまで何度も弊社製品をご紹介頂けておりました事も含め、今回の初コラボは大変有り難く、そして大変勉強になりました。
この場を借りて深く御礼申し上げます。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【納期】

4営業日前後


販売価格 4,980円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2024年2月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29
2024年3月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
営業カレンダー
Mobile Shop
QR