1. ホーム
  2.  > 機能性艶出し剤(ワックス、リキッド)
  3.  > G-gross-liquid-Premium(100g)瓶容器

G-gross-liquid-Premium(100g)瓶容器

<商品説明>
本製品は、本来液体に出来ない天然固形成分を最新技術により液体にした超超超高濃度天然ワックスリキッドとなります。
成分は企業秘。
恐らく主成分としては業界初の成分を使用。


さて、冒頭から失礼致します。

先にご確認させて頂きたいのですが、ワックスユーザー様は何故ワックスを使用するのでしょうか?

言葉悪くなってしまい大変申し訳御座いませんが、何故、非効率でありどうしても施工傷が逃れることが出来ないワックスをわざわざ使用するのでしょうか?

何故、DSEARCHERのように塗装に食いついてしっかり定着残留する訳でもないにも関わらずワックスを使うのでしょうか?

香りがいいから?

それとも歴史あるブランド力があるから?

それともワックスにしか出せない艶感?

恐らく多くの方がブランド力と艶を求めてワックスを選んでいるかと思われます。
細かい事を言えば軽度な紫外線対策や短期スパンなら施工傷が入る代わりに汚れを落としやすい等、細かいことはありますがここではザックリと。

そして塗装のことを理解されている上級者の中には、ワックスの弱点を理解しているにも関わらず、それでもワックスだからこそ出せる結果があることから、デメリットはあえて妥協してワックスを選ぶ方もいらっしゃるかと思います。

では、ここで。

単刀直入に夢のようなお話をしてみましょう。

仮にですが、ワックスの弱点が解消されたとしたらどうでしょうか?

更に、ワックスの性能を最大限出しつつ、ワックスの弱点が無くなることがあったらどう思いますでしょうか?

先に言ってしまいます。。。と言うより既にご想像の通り。。。

本製品はワックスの弱点を全て克服した、この側面から見たワックスの終着点です。

繰り返します。

本製品はワックスのデメリットを排除した終着点であり、更にリキッドタイプだからこそ施工傷すらオーバーコート剤と変わらないレベルで軽減できる。。。

これこそ完璧と言える終着点となります。

さて、ここで皆さんはこのように驚かれるでしょう。


『え?クリームタイプであるシルバーゴールドのG-grossがメイン製品じゃないの?これってリキッドタイプだから通常は成分が薄くてメイン製品にはならないよね???』

と。。。


確かに通常はそうだと思われますが本製品。

業界初の天然成分を使用しているだけには留まらず。

そもそも液体にする事が難しい天然成分を最新技術で液体する事に成功した製品であり、固形タイプと変わらない成分量にも関わらず、リキッドタイプだからこそ最大の弱点である施工傷を限りなくゼロにすることが出来る!!
本製品は通常のリキッドタイプとは比べ物にならない超超高濃度となり、言わば普通のリキッドがオーバーコーティング剤なら、本製品は硬化系レベルで大きな差があります。

要するにリキッドなのに固形と同じ成分量である本製品の完成により、もう気が遠くなるほど歴史が長い自動車カーワックスの最大の弱点である施工傷を改善した製品になります。
G-gross-liquidよりも何倍も高濃度となります。

当然ではありますが、本来液体に出来ない特殊天然成分を液体にしているので性能は変わらないどころか、むしろ液体にし、成分粒子が細かくしております為、固形タイプよりも塗装への定着性が高くなります。
念の為の記載でありワックスユーザー様であればご存知の通り、ワックスの場合は定着性と耐久性は別問題になります。

ですので、本製品。

更に驚かれるかもしれませんがブラック塗装には向きません。
あくまで初心者の方から見たお話ですが。

あまりに艶が高い為、初心者の方がブラック塗装に安易に施工してしまうと斑が出てしまう比率が高くなります。
技術ある方であれば綺麗に塗れますが本来液体に出来ないものを最新技術で液体にしている製品の為、塗装への定着が高くなりますので斑が発生しやすい傾向にあります。


ですので、本製品は初心者の方から見たら淡色カラー専用とも言える超超高濃度液体ワックス。
上記記載の通り、ブラック塗装にも施工は出来ますが、ブラック塗装に施工するのであれば各種固形、ハンネリ、リキッド等を使いこなすことが出来る上級者向けと言えます。初心者の方はホワイト等の淡色カラーでお使い下さい。
因みに私は綺麗に塗れる技術がありますが、仮に技術が無くても関係無しにブラック塗装にガンガン使います。G-gross-liquidの商品ページで詳しく書きましたが、むしろ斑を恐れている時点で大変申し訳御座いませんが、ワックスを使う資格は無いとすら思っております。

そして解釈でも異なりますが、【ワックスと言う特性を最大限生かした】頂点の製品となります。

尚、これはある意味で炎上発言かもしれませんが。

ワックスと言う性質。

これをこれまで説いてきた方、尚且つ艶を求めていた方が仮に本製品を否定するようなことがあった場合。

それはワックスの事を半分しか理解出来ていなかったことの現れに直結します。

その理由。

弊社G-grossシリーズの商品ページをお読み頂いているのであれば改めて語らなくても伝わっているかと思いますが。。。

『ワックスは時に手の体温でコントロールし、そして塗り込み(置き方)、更に回収(拭き取り)、特にどの程度残すのかと言う最大のキモ。そして温度コントロールによる定着、等々』
私達PRO職人は、ワックスの長い歴史の中で、天然ワックスの(天然)と言う言葉に託けて、様々な天然成分や食品添加剤等と掛け合わせ、様々な試行錯誤しながら何とか現場で使えないかと奮闘してきており、それこそ科学系とは違い安定性が低い性質がある側面があるからこそ、とてつもない気遣いと配慮、工夫を凝らして現場で使用してきました。特にこの当時、私はワックスだけではなく研磨剤の制作に天然素材を使用していたほど、天然に拘った時代でもありました。


本来であればワックスに出せる結果を最大限発揮させる為に様々な事に気を使い、そしてこの気の使い方(奥深さ)を楽しむからこそ生まれるブランド力の流れで現在に至ります。


本製品はこのような、これまで気を使って止まなかった作業を現代の最新技術で低リスクかつシンプルになった完成形である事から、本製品を否定した時点で、『気を使う事だけが楽しかったのか?』と言うことのみが残る結果となり、機能性に関してはこれまで何も考えていなかったことになります。

いくらワックスと言えども塗装を守ると言う機能性を考えない時点でそれはカーディテイルでは無いと判断するのが当店の見解です。
結果は無視して、そのブランド品を使っていると言う自己満足を楽しみでのあればこれは当てはまりません。大変失礼致しました。お好きな製品をご使用頂ければと思います。

本製品。

大量製造出来ない成分特性であることも含め、値段がお安くありませんので(値段を考えてしまう方には向かない)為、使い手を選んでしまうのは否めませんが、コストを気にしないでワックスの限界をお知りになりたい方。
他社天然に比べたら極めて低価格となります。

そして現在、愛用されている天然ワックスと混ぜながら使用することで、オンリーワンの究極の世界をお知りになりたい方

是非、今年も物議を醸して楽しんで頂きたいと思っております。

そして最後に。

どんな解釈があるにしろ。

ワックスの性能を一切下げずに物理的にワックスの弱点を改善したのが本製品です。

だから大声で言わせて下さい!!

ワックスの弱点で悩んでいた皆様。

『ワックスの性能を維持しつつワックス最大の弱点を無くしましたよ!!』


<製品特長1>
本来液体に出来ないものを液体にする最新技術が用いられております。
通常のリキッドタイプとは雲泥の差の超超高濃度。


<製品特長2>
自動車業界初の成分を使用しております。
企業秘


<製品特長3>
限界突破の艶。
ブラック塗装では斑だらけになる可能性が高くなりますが、艶を追い求めるのがワックスの醍醐味でもあります事と合わせ、斑にならないように試行錯誤する事も楽しみの1つではないでしょうか。
もし、心配であれば淡色カラー専用品として銘打ってもOKです。
一部例外として、塗装密度によってはノーマルのG-gross-liquidの方が艶が出る場合がございます。←使用している溶媒の違いによる浸透レベルの問題による。


<製品特長4>
値段が安い!
上記で値段が高いと記載しておりますが、原材料の高さと、大量生産出来ない素材特性、そして使用技術で見れば極めて安い価格となります。
本来であれば某天然ワックスレベルの金額にしてもいいと言えるレベルです。


<製品特長5>
これがある意味での真骨頂となりますが、単体施工ではなく、G-grossや他社天然固形ワックス等と混ぜながら使用する事が出来ます。
特に本製品は各種固形ワックスとの相性が抜群となりますので是非、様々な固形ワックスと掛け合わせてオンリーワンの究極の艶を楽しんで下さい。
施工店様は店舗オリジナルワックス制作の材料としての使用もお勧めです。某格安のアレやソレ等に本製品を添加することで、差別化を図る事が可能となります。


(備考)
G-grossシリーズや固形ワックスと混ぜで使用する場合、使用時にクロス上、または塗装上で混ぜてもOKですが、それだとデータが取れずに再現性が無くなってしまいますので、軟膏容器等の中で液体の分量をしっかり測定しながら混ぜて頂いた方が宜しいかと思います。また、一度混ぜたものは基本的に分離しませんので、しっかり蓋を閉めていれば1、2ヶ月程度で使用できなくなるものではありません。
確実に今までよりもランクの高い艶を出すことが可能となります。



<よくある質問>
Q1:このリキッドは撥水ですか?
A1:撥水性となります。


Q2:耐久性はどの程度ですか?
A2:他のG-grossと同じでワックスですので耐久性に関しては聞く時点でワックスは使わない方が宜しいかと思います。ただし本製品は粒子が細かい為、通常のワックスよりも高い耐久性が御座いますが、あくまで天然ワックスが規準となります。



Q3:G-gross-liquidとの使い分けは?

A3:特に使い分けはありません。同じリキッドシリーズでも本製品は別物となり、濃度も艶も比較になりません。ただし、強い撥水を求める場合はG-gross-liquidの使用をお勧め致します。
そもそも主成分も製造技術も異なります。
艶レベルに関しては上記記載の通り、一部例外を除きます。



<使用方法>
基本的に乾式オーバーコーティング剤と同様となります。
良く振ってからご使用下さい。

(1)洗車後、REBOOTシリーズ、PM-LIGHT、オリジン脱脂シャンプー等を使って下地処理を行って下さい。
REBOOTシリーズでの下地処理は最低限で必須となります。
既にワックスを使用されている場合、劣化したワックス成分の除去の為にオリジン脱脂シャンプーは必須となります。←汚れが酷い場合、PM-LIGHTも必須。


(2)手のひらサイズにカットしたマイクロファイバークロス若しくは塗装面に本製品を適量出して塗り広げて下さい。
丸いクロスでも問題御座いません。

(3)塗り広げたら、乾いた綺麗なマイクロファイバークロスで余剰分を拭き上げてフィニッシュとなります。


<メンテナンス>
ワックスと同様に、艶が無くなったタイミングや汚れが落ちにくくなったタイミングでオリジン脱脂シャンプー&PM-LIGHT&REBOOTにてメンテナンスを行って下さい。


<内容量>
100g

<予めご了承下さい>
本製品は、本来液体にすることが難しい天然固体成分を最新の技術で液体にしたリキッドワックスとなりますが、液中に溶けきれず残っている成分が一定数御座います。
施工に際して何ら影響は御座いませんが、本来であれば全てを完全な液体にしたかったのですが現時点での技術ではここが限界となっておりますので予めご了承下さい。


<艶に関しての定義>
艶を評価する上で大事な基本をご説明しておりますので是非ご確認下さい。
https://www.ganbass-freestyle-blog.com/entry/2022/01/10/213243


<注意事項>
)楡宿覆PRO用品となります為、使用前に必ず目立たない箇所にて安全に使用出来るかご確認の上でご使用下さい。
∨楡宿覆棒睫製颪論什遒靴討りません。使用方法に関しましては上記からご確認をお願い申しあげます。
使用に際しましてはゴム手袋等を着用してご使用下さい。
せ楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【現在の最短納期5日〜7日営業日前後】

現在ご注文が混み合っております関係により即日発送が難しくなっております。また、上記記載の納期はあくまで暫定的な(最短目安)となり、実際の状況によって大きく変わる場合が御座いますのでご利用をご検討頂いております場合、ゆとりをもってご注文頂けますと幸いで御座います。


販売価格 6,292円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2022年9月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
2022年10月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
営業カレンダー
Mobile Shop
QR