1. ホーム

【β版2021年GOLDモデル】G-gross(艶出しクリーム)30g

【予めご確認下さいその1】
本製品は、2022年度中に正式に販売を開始する予定で御座いますβ版となりますので下記を予めご了承の上でご購入下さい。
現時点で未定となりますが正規版の販売に関しては2022年秋頃に目標としております。


(1)2022年度の正式販売時にはパッケージが変更となります。
(2)2022年度の正式販売時には現在のセッティングから場合によっては変更になる場合が御座います。
(3)本製品であるβ版の追加製造は基本的に何度も行いません。一度欠品となりますと次回入荷まで期間を要します


β版となります為、2022年度の正式販売時の価格より割引価格にて販売をさせて頂きます。




【予めご確認下さいその2】
本製品のテクスチャーはクリーム状となりますが、施工感覚としてはワックスに近く、そして製品の特長として天然ワックスをライバルのターゲットとした製品となります。この事から、これまで当店が展開していた問答無用のPRO現場世界を再現した製品ではなく、趣味趣向と言う世界観を表現した製品となります。そして趣味趣向の世界&クリーム状=高濃度を通り越し、コーティング成分の塊だからこそコストを考えて製作をしておりません。予めご了承頂けますと幸いで御座います。




<商品説明>
G-grossシリーズの基本コンセプトに関しては、先行販売をしていたシルバーモデルをご確認頂ければと思いますのでこの場では割愛致します。

先ず、本製品であるゴールドモデルは100%完全科学ワックスであるシルバーモデルと異なり、科学成分と天然ワックス(種類企業秘)を掛け合わせて制作をした、ハイブリッドワックスとなります。
企業秘と記載しましたが天然ワックスド定番であるカルナバでは御座いません。想像して楽しんで頂ければ幸いです。

では、なぜハイブリッドにしたのか?

理由は2つ御座います。

まず1つめとして、科学ワックスとしてはシルバーモデルが限界値であったこと。

ご購入頂いた方であればご存知の通り、2020年度末に販売を開始したシルバーモデルのG-gross。

追加生産をしないとお伝えしておきながら、大変好評だった事から、計3回も追加生産を行い何だかんだ2021年春まで販売をしておりましたが、シルバーモデルのG-grossは商品ページ記載の通り、科学ワックスの限界に挑戦した製品であり、『これ以上の艶は不可能』と思えるほどの突き詰め方を行いました。

要するに現時点で弊社が出せる科学ワックスの限界点であり、科学ワックスの完成形とも言えます。

しかしながら、当然では御座いますが当店がそこで止まる訳ではありません。

特に今回のこのワックスプロジェクト。

問答無用の結果主義である当店スタイルではないカテゴリであり、カーディテイルを楽しむと言う世界のジャンルだからこそ、本来考えなくてはならないファクターをあえて無視をしてでも制作することが許されるカテゴリであると当店では解釈しており。

だからこそワックスが最も評価される性能(艶や楽しめる選択肢が多岐に渡ること)に関して、貪欲に突き詰めていかなくてはワックスカテゴリに手を出す意味がない。

特に弊社は泣く子も黙るGANBASSです。

中途半端な製品なんて一切必要がない!!!!!

そんな物は何処にでも転がっているのだからGANBASSで作る必要がない!!

繰り返しとなりますが、ワックスカテゴリですのである種、これはお祭り。

お祭りが【お利口さん】ほどつまらないものはない!!

だったらぶっ飛んだことをやってみよう!!

シルバーモデルのG-grossを超えるにはどうしたらいいのか?

各種測定器等の数字の世界でもまだ上を目指すことが出来る余地がある。

試行錯誤した結果、シルバーモデルのG-grossと天然ワックス(種類企業秘)と融合させたハイブリッドにすることで、更に高い艶を出す事が出来たことが1つめの理由。
ただし、一部例外として塗装密度によっては、シルバーモデルの方が初見での艶が高く見える事が御座います。←成分の溶媒の違いによる浸透力の違いによるもの。


続く2つめの理由。

これはまだ2020年モデルが発売中だった2021年3月に会員ブログでも軽く書きましたが、単純にこのG-grossが世間の天然ワックスユーザー様の中で良くも悪くも様々な物議を醸したこと。

特に天然成分を至上主義にされている方から頂いたこの言葉。

『仮に測定器の数字が天然ワックスより高くても科学ワックスを認めない』。

こんな創作意欲を駆り立たれる大変有り難い各種お言葉を頂いたこと。

元々天然ワックスを越える事が出来る科学ワックス作りがスタートではありますが、そんなお言葉やご要望があるのであれば、別にそれに拘るつもりはありません。
それに、そもそもシルバーモデルは科学ワックスの現時点での完成形です。

だったら、科学ワックスだけではなく、(ハイブリッド)と(天然)の両方作れば全てのご要望に答える事が出来るのでは?
天然はG-gross-liquidシリーズ、特にPremiumは固形天然の進化バージョンの立ち位置です。

そして弊社が出した『これならどうでしょうか?これなら楽しんで頂けますか?』

と言うアンサー。
上記記載の通り、これに付随して販売を開始した完全天然100%のG-gross-liquidシリーズであり、その中のG-gross-liquid-Premiumは業界初と言える企業秘密成分で構成された究極の液体ワックス。


塗装保護を何よりも最優先し、それ以外の事は全て排除して考えている弊社の基本コンセプトを壊してまで『ワックス』と言うジャンルに『現状のワックスの存在意義』を100%考慮、発揮して制作した弊社ワックスシリーズ。

正直、ワックスジャンルは外枠のルールがPROの現場世界と異なり極めて曖昧であり良くも悪くもルール無い世界ですので厳密な答えを定義する事が出来ません。
仮にこのルールが無いと言う意味が理解出来ていないのであれば、恐れ入りますが弊社の各種商品ページを確認する事と合わせ、一度基本の基本から勉強し直す事をお勧め致します。各所で数え切れないレベルでお伝えをしておりますが、カーディテイルは塗装が高分子化合物と言う材質で出来ていることから出来る事と出来ない事が最初から決まっており、極めて厳密なルールが存在します。←これをアバウトに出来る世界観もワックスの良いところであり、逆にPROのリアル現場の第一線でワックスが一部を除き使われない理由の1つもあります。←これを改善して第一線でも使えるように考えたものが弊社G-grossシリーズであり、完全に問題を解決したものがG-gross-liquid-Premiumとなります。

要するに施工した作業者が満足しているのであれば、それは天然も科学も関係が無いワックスでしか見えない、そしてワックスだからこそ楽しむ事が出来る世界であり、ルールが曖昧だからこそ優先すべき個々の主観純度が極めて高い事から、他からの評価は受け付けない世界観なのです。←受け付けない世界観に(成りえる)との表現でも。
これも繰り返しとなりますが、G-gross-liquid-Premiumだけはワックスの弱点を完全に克服させた、弊社基本コンセプトの塗装保護、結果至上主義で製作した製品となります。

そして何が正解であるかを自問自答する事もワックスジャンルの楽しさですので是非、G-grossシリーズを試行錯誤して楽しんで頂ければ幸いです。


以上の理由から本製品もG-grossと同様に商品特徴は一言二言程度で終わりとさせて頂きます。



<製品特長1>
シルバーモデルのG-grossよりも高い艶を出す事が出来ます。
上記記載の通り、塗装状態によっては逆にシルバーモデルの方が艶が出る例外あり。

<製品特長2>
シルバーモデルのG-grossよりもテクスチャーが柔らかく、より塗りやすくなっております。

<製品特長3>
企業秘となりますので開示出来ませんが恐らく、主成分とし業界初の天然成分を使用しております。

<製品特長4>
単体施工が基本ですが、液体天然ワックスであるG-gross-liquidG-gross-liquid-Premiumを含め、様々なオーバーコートを混ぜながら使用する事が出来ます。
固形天然ワックスと混ぜることも可能となります。
上記リンクブログ記載の通り。。。DSEARCHER+他社天然固形ワックス+本製品を混ぜての施工等々。。。マニアにはたまらないディープな世界が御座います。

樹脂ベースであるWINK等と混ぜることも可。

<製品特長5>
研磨機による施工も可。
本製品でしか消せない傷も存在致します。



<よくある質問>
Q1:このクリームは撥水ですか?
A1:撥水性となります。


Q2:耐久性はどの程度ですか?
A2:逆にご質問ですが、天然ワックスに関して耐久性を聞きますでしょうか?天然ワックスはその独自の艶、そしてそのブランド力を含めた雰囲気を楽しむ事が趣旨であるため、天然ワックスに対して耐久性を聞くことは野暮であり、暗黙ですので聞かないで下さい!!と言いたいところでは御座いますがワックスより長い耐久性が御座います。そもそも艶出し剤となります為、撥水の持続力は最初から意識しておりませんが、撥水は通常のオーバーコートレベル、そして塗装に入り込んだ艶に関してもワックスよりも長く、撥水と同様に通常のオーバーコートレベルの耐久性が御座います。

また、本製品は通常のオーバーコート剤やワックスよりも傷を見えにくくする傷埋め効果が御座います。


Q3:G-gross-liquidやG-gross-liquid-PremiumはG-grossの専用のオーバーコート剤と言うイメージでいいんでしょうか?
A3:ワックスは楽しむ世界観が大事なファクターとなりますので楽しむ為に好きにご使用頂く事が一番かと思われます。因みに、G-gross-liquidシリーズは単体でも使用出来ますし、G-grossのオーバーコーティング剤としても使用出来ますので得にオーバーコーティング剤と言う位置づけでは御座いません。また、G-grossと混ぜながら使用する事も真骨頂の1つでも御座いますので何にでも使用可能と思って頂ければと思います。


Q4G-grossシルバーとG-grossゴールドの違いは?
A4:100%科学ワックスがG-grossシルバー、天然成分も入ったハイブリッドがG-grossゴールド、そして艶がゴールドの方が高くなる事と合わせ、ゴールドの方がテクスチャーが更に柔らかくなっております。


Q5:G-grossシリーズのカテゴリ区分を教えて!
A5:G-grossシルバー(科学)。G-grossゴールド(科学と天然ハイブリッド)。G-gross-liquid(天然カルナバ)。G-gross-liquid-Premium (天然成分企業秘)となっております。


Q6:ワックス効果を最大限引き出す方法は何ですか?それとオーバーコーティング剤とワックスの違いとは?
A6:これはナイス質問です!よく勘違いされている方が多くいらっしゃいますが、天然ワックスを含むワックスと言うカテゴリは、G-gross-liquid-Premiumの商品ページでも記載をしましたが、本来、施工者がより良い結果を出すために様々な場面において試行錯誤し、かなりの気を使いながら作業を行う存在です。要するに硬化系やオーバーコーティング剤とは異なり、作業者の創意工夫によっては結果に大きな違いが生まれます。ですので、自動車で例えるのであれば、硬化系やオーバーコーティング剤がATであるのに対して、ワックスはMTとなり、より素晴らしい運転をするにはドライバーの技術や工夫によって大きく異なるのです。この事もあり、今回、混ぜ合わせる等の創意工夫への選択肢として、G-gross-liquidシリーズを出している側面も御座います。ですので、手厳しい事を言えば、ご自身の塗装密度や特性も理解出来ない、そして施工に際して創意工夫、また、各種混ぜ合わせながら使用する等が出来ない時点でMT操作のワックスには手を出さない方が賢明となります。繰り返しますがワックスはMT操作だからこそ楽しく、そして奥深い世界であることを忘れてはならないカテゴリとなりますので、先ずはご自身の塗装特性を知ること、そして最低限のレベルで現状の塗装密度程度は理解しておくことをスタートラインにし、創意工夫を行ってオンリーワンを見つけて頂ければと思います。
DSEARCHERを使用すれば最低限の塗装密度は理解することが出来ます。



<使用方法>
基本的にワックスと同様となります。

(1)洗車後、REBOOTシリーズ、PM-LIGHT、オリジン脱脂シャンプー等を使って下地処理を行って下さい。
REBOOTシリーズでの下地処理は最低限で必須となります。
既にワックスを使用されている場合、劣化したワックス成分の除去の為にオリジン脱脂シャンプーは必須となります。←汚れが酷い場合、PM-LIGHTも必須。


(2)手のひらサイズにカットしたマイクロファイバークロス若しくは塗装面に本製品を適量出します。
丸いクロスでも問題御座いません。
手磨きスポンジをお好みのサイズにカットし、それにクロスを巻きつけて塗りこみに使用するのでも問題御座いません。

(3)ワックスの要領で塗り広げて下さい。

(4)施工後、乾いた綺麗なマイクロファイバークロスで余剰分を拭き上げてフィニッシュとなります。

<備考>
クリームである事から、決して塗りにくい製品では御座いませんが、ワックス同様に、施工しているクロス等に成分が多く滞留します。この事から、仮にこれがもったいないと感じる場合や、少しでも節約して施工したいと考える場合、G-gross-liquidシリーズやお好みのオーバーコートで加水しながら作業頂くことで塗りやすく&無駄なく施工することが出来ます。


<メンテナンス>
ワックスと同様に、艶が無くなったタイミングや汚れが落ちにくくなったタイミングでオリジン脱脂シャンプー&PM-LIGHT&REBOOTにてメンテナンスを行って下さい。


<内容量>
30g


<艶に関しての定義>
艶を評価する上で大事な基本をご説明しておりますので是非ご確認下さい。
https://www.ganbass-freestyle-blog.com/entry/2022/01/10/213243


<注意事項>
)楡宿覆PRO用品となります為、使用前に必ず目立たない箇所にて安全に使用出来るかご確認の上でご使用下さい。
∨楡宿覆棒睫製颪論什遒靴討りません。使用方法に関しましては上記からご確認をお願い申しあげます。
使用に際しましてはゴム手袋等を着用してご使用下さい。
せ楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【現在の最短納期3日〜5日営業日前後】

現在ご注文が混み合っております関係により即日発送が難しくなっております。また、上記記載の納期はあくまで暫定的な(最短目安)となり、実際の状況によって大きく変わる場合が御座いますのでご利用をご検討頂いております場合、ゆとりをもってご注文頂けますと幸いで御座います。


購入数

売り切れ

Recommend Item

おすすめ商品。

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
2022年7月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
営業カレンダー
Mobile Shop
QR