1. ホーム
  2.  > アルカリクリーナー
  3.  > 研磨補助用アルカリ性マルチクリーナー150ml

研磨補助用アルカリ性マルチクリーナー150ml

<製品紹介>
GBS-Aは研磨を入れる事を前提とした塗装に使用するPRO業務用アルカリクリーナーとなり、通常のアルカリクリーナーの特性だけではなく全く異なる独自の発想から生まれたメカニズムにより通常のアルカリクリーナーでは落とせない付着物を落とす事で研磨効率をUPさせる目的のケミカルとなります。



既に自動車塗装の研磨を経験した事がある方であればお分かりかと存じますが研磨機で塗装を磨いている時に研磨剤が塗装に絡んでしまった経験が1 度は必ずあるかと思います。
基本的にこの『絡み』は100%で表現しますと研磨を行う際のマッチング(塗装種類と状態に応じた研磨機、バフ、研磨剤の選定、その他研磨機の操作方法等) のミスから発生する確立が60%!そして残りの40%は下地処理不足から絡みが発生するのが通常です。


そしてこの下地処理不足の要因として大きいのは研磨前にシリカスケールを落とさないで研磨を開始したり、古いコーティング膜やWAX等の油分を落とさなかった理由から発生することが通常となります。


磨きと言う行為を本物の磨き職人である当店から考えた場合、『如何にスムーズで効率的な研磨を行えるか?』この研磨効率を何より考えなくてはなりませんし無駄に塗装を削る事無く、無駄に塗装にダメージを入れる事無く研磨を行わなくてはなりません。
※例ですが虫歯の治療で歯を削るから治療前に歯を磨かないでもOKとの考えは通常ありえない事と同じであり歯を磨かない汚い状態ではドクターも汚れが邪魔をして正確に歯の状態を確認出来ませんし歯を削る作業を邪魔してしまいます。


そんな当店では研磨前に一部例外を除き必ずREBOOTによるシリカスケールの除去!そして塗装状態に応じて本製品であるGBS-Aによる古いコーティング膜やWAX成分等を落とし、研磨をする際に研磨機の回転を邪魔する存在をしっかり取り除いてから研磨を行いますが驚くほど磨きやすくなるだけではなく、無駄な磨き傷も入らずに綺麗に磨く事が出来ます!
※あくまでケースバイケースでありますが中古車の研磨の場合、高確率で研磨前に使用します。



それでは再度画像でご説明をします。



画像(図1)をご覧下さい。



この画像はメルセデスベンツのオプシディアンブラックですが洗車機での洗車WAXがメイン、稀に手洗い洗車と市販の簡易コーティング剤のみで下地処理は購入から一度もない状態である事から塗装面が白濁するほどシリカスケールより、古いコーティング膜が蓄積している状態で傷や塗装陥没も多い状態にわざと下地処理を行わないで研磨機を適当に(実は意味があるのですが説明すると長いので割愛します) いれて研磨剤を絡ませた状態です。研磨剤が塗装に絡み付いてキレてくれません。




では何でこの様な絡みが発生するのでしょうか?(図2)と(図3)枚の画像を御確認下さい。




(図2)(図3)である2枚の画像を見ていただければ一目瞭然かと思いますが本来の塗装の上にREBOOTでしか落とせないシリカスケール膜とGBS-Aでしか落とせない古いコーティング剤やWAXの膜が存在していた事をご理解頂けるかと思います。
※同時にケミカルを使い分けなくてはならない理由をご理解頂けたかと思います。




そしてこの様な付着物の影響で研磨剤が絡んでしまい研磨効率が悪くなるだけではなく無駄に塗装面にダメージを入れる結果となってしまいます。
※研磨効率を考えないで研磨を行うと本来は初期研磨と仕上げ研磨の2 工程で済む研磨作業が3 工程、4 工程と無駄に長く研磨を入れる事にもなりかねません。





今回の塗装ではシリカスケールよりも古いコーティング膜等の方が付着度合いが大きかったのですがこの様に付着物をしっかりと落とした上で研磨を行うと(図4)画像のように絡まずに綺麗に磨く事が出来ます!
※この絡みの発生がシリカスケールや古いコーティング膜や油分ではなく鉄粉の場合もありますのでその場合は鉄粉除去を行って下さい。



また(図4)画像赤丸箇所はGBS-Aによる下地処理が甘かった箇所であり、絡みが発生しておりますことから使用の際には本液の量が少ないとこの様に落ちない事もありますので状態に合わせて使用量を調整して下さい。
※当店の講習者様等であれば痛いほどご理解しているかと思いますが上記赤丸の箇所は研磨機をターンさせる箇所であり、この様な磨き方をすると元々絡みが発生しやすい箇所でもあります事からしっかりとした下地処理の重要性の再確認と研磨技術としてターンポイントを考慮するような研磨方法を覚える事はPROとしては最低限の基本的な事となります。





その他、本製品は油分だけではなく研磨を入れる場合に邪魔になるエマルジョン系等のオーバーコーティング剤や実用レベルでの硬化系コーティング剤等を塗装面に極力ダメージを入れる事無く落とす事が可能です。
※硬化系コーティング剤皮膜の除去は塗装状態、コーティング剤の性質や施工方法等によっては全く落ちない場合や落ちたとしても完全に落とせないケースが御座いますので保障するものでは御座いませんので使用に際しては必ず目立たない箇所で安全を確認してからお使い下さい。




<その他使用方法>
(1) 本製品は花粉除去にも効果があります。これもPROの世界では常識ですが基本的に花粉は熱処理で除去致しますが軽度な花粉であればアルカリ性質のクリーナー等で落とせます事から当店でも虫取りクリーナーBP−98で軽度な花粉除去を行う場合もありますがこのGBS-Aは通常のアルカリのメカニズムだけではなく新しいメカニズムで除去する事から通常のアルカリクリーナーでは落とせない花粉でも落とせるケースが多くなります。本来は熱処理が手っ取り早いし楽だけど電源の確保が出来ない場合や熱処理は慣れないとリスクが高い事から怖いと感じる方には通常のアルカリクリーナーとの併用でケミカルで落とせる限界が見えてくるかと思います。



(2) アルミホイール等のクリア塗装を施されているホイールであればクリーナーとして使用出来ますが基本的に純正ホイールを対象としております事から純正のアルミホイールでクリアを施されているホイール以外にお使いの場合は必ず安全を確認してからお使い下さい。



<使用方法>使用前に中身が飛び出さない事に注意しながら容器を良く振ってからお使い下さい。
本製品を使うタイミングはケースによって異なります。洗車時に洗車の延長線上で使う場合や洗車後、REBOOTを使った際に油分が多くREBOOTの反応が悪いケース、シリコンオフで油分が落ちきれないケース等、様々なタイミングがある事からあくまで使用タイミングはケースバイケースである事を前提にお願い申し上げます。※多少濡れている塗装面でも使用可能ですが基本は乾いた塗装面での使用を前提としております。



(1) マイクロファイバークロスを手のひらサイズにカットしたものに本液を滴り落ちない程度に馴染ませて下さい満遍なく馴染ませます。
(2) 塗装面に塗り広げ、状態に応じて優しく擦ります。
※塗り広げる擦る力加減は塗装状態、そして付着物の状態によって大きく変わる事から一概に定義する事は出来ませんので使用前に必ず目立たない箇所で擦る強さと付着物の落ち方を確認してから
本作業を開始して下さい。
ゴシゴシ擦ることは研磨を前提だとしても塗装面に大きな傷を入れる原因になってしまうのでお気をつけ下さい。

(3) 水で流しますが水を流すだけでは成分が残る場合もありますのでできるだけクロスを使いながら水で流して下さい。



<注意事項>※必ずお読み下さい。
(1)本製品は業務用のPRO 製品であり研磨作業を前提として使用するケミカルであります事から研磨を行わない場合での使用に関しては当店では推奨しておりませんので仮に使えたとしてもご使用はお控え下さい。
(2)使用に際して必ず目立たない箇所で安全を確認してからご使用下さい。
(3)皮膚が荒れる場合や目に障害が出る可能性がありますので十分注意をして使用に際して保護手袋とゴーグルを必ず着用して作業を行って下さい。
(4)傷の原因になりますので風の強い日の使用はいお控え下さい。
(5)染み等の原因となります本製品を対象物に長時間放置しないで下さい。
(6)炎天下の直射日光や高温時での使用はお控えください。
(7)飲吸引不可であり人体に害がありますので飲まないで下さい。
(8)万が一目に入った場合、こすらずに直ちに清浄な水で最低でも15 分以上洗浄し、コンタクトレンズを着用していて容易に外せる場合は外して洗浄し医師の診察を受けて下さい。
(9)皮膚に付着した場合、直ちに清浄な水で洗い流がし異常があれば医師の診察を受けて下さい。
(10)吸引した場合、不快感を覚えたら、直ちに新鮮な空気の場所に移動し、安静にし、異常がある場合、医師の診察を受けて下さい。
(11)飲み込んだ場合、直ちに清浄な水で口の中を洗浄し、無理に吐かせず直ちに医師の診察を受けて下さい。
(12)子供の手の届く所や飲食物の近くに置かないで下さい。
(13)室内で使用する場合には換気を良くして下さい。
(14)保管する場合、40℃以上になる場所や直射日光を避けて保管しないで下さい。保管する場合は中栓を閉め密栓して下さい。
(15)他の製品と混ぜたり接触させたりしないで下さい。
(16)破棄する場合、地方自治体の条例に従って破棄して下さい。
(17)施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 1,998円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年8月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
2017年9月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
営業カレンダー
Mobile Shop
QR