1. ホーム

【Cパック】【年末年始キャンペーン】【セット割引&送料無料】必須酸性ケミカルセット&2022年REBOOTシリーズ新作先行販売!

他製品との同梱をご希望の場合、システム上、購入画面及び自動返信メール内に送料が表示されてしまいますが、後ほど送料無料とした正式なお見積もりをお送りさせて頂きますのでご安心下さい。


<必ずご確認下さい>
本キャンペーンであるCパックで御座いますが、REBOOT-GEL高粘度PLUSの入荷に遅延が生じてしまい、キャンペーンスタート時である12月6日に入荷が間に合いませんでした。予定では12月10日頃に入荷予定となりますので、出荷に多少の遅延が生じる場合が御座います事を予めご了承下さい。


<キャンペーン内容>
本キャンペーン(Cパック)は、塗装保護においてコーティング剤より欠かす事が出来ない必須酸性ケミカルである、R-BLOCKERREBOOTシャンプーと合わせ、2022年中に発売予定となるREBOOT-GEL高粘度PLUSの先行販売品を合わせた合計3種類をまとめたお得な割引セット+送料無料の内容となっております。
通常購入よりも合計2割引+送料無料となっております。


(1)R-BLOCKER
(2)REBOOTシャンプー1000ml
(3)REBOOT-GEL高粘度PLUS200ml(2022年初夏頃発売予定)
(4)セット割引きで総額が合計2割引き!
(5)送料無料





<キャンペーン開催期間>
2021年12月6日〜2022年1月5日迄





<良くあるご質問>
Q:他の製品と同梱は可能ですか?
A:可能となります。


Q:他の製品と同梱した場合、送料は無料になりますか?
A:キャンペーン品と合わせての購入であれば送料は無料となります。


Q:このキャンペーンは一人で何セットも買えますか?
A:このキャンペーンには購入数制限は御座いません。必要数ご購入頂けます。


<商品説明>
2020年〜2021年度に弊社が販売した新製品の中で業界の今後に大きく影響を出す製品が3種類御座いました。
詳細は個々の商品ページにてご確認下さい。

先ず、2020年。

塗装を研磨すると言う、【研磨に関しての問題にメスを入れたDSEARCHER
これにより、研磨のデメリットを説明しない上で研磨により利益を出している同業者様から少々。。。なことになってしまいましたが、ユーザー様が2度と再現出来ない新車肌を失わなくて済んだり、無駄に塗装を削ってしまう事を事前に防ぐ事が出来るようになりました。

続く2021年。

ケミカルダメージと言う、【メンテナンスに関しての問題にメスを入れたR-BLOCKER
これにより、弊社は自分の首を絞める形としてREBOOTの売り上げが下がってしまいましたが、多くの方にケミカルダメージに関して理解頂く事が出来ました。←誤解を招かないようにご説明致しますが、REBOOTは不可欠です。ただ、使う順番として最初は弱いケミカル使う事が、人の肌とことなり1度でも傷を入れてしまうと完全修正出来ない塗装においてはマストとなります。

硬化系コーティング剤施工ダメージと言う、【硬化系施工に関しての問題にメスをいれたBLAST
これにより、PROの世界では何十年と問題となってきた硬化系コーティング剤を施工する場合の施工傷問題を大きく解決する事が出来ました事と合わせ、硬化系が施工出来ない低密度塗装にも硬化系が施工出来るようになりました&樹脂ベースコーティング剤を無理に使用しなくて済むようになりました。

上記記載の注釈の通り、販売に際してそれなりに大きな代償を払う事になりましたが、この3種類はカーコーティング業界が何十年と抱えてきた問題に関して、弊社が出した今の答えであり業界を大きく震撼させる事が出来ました。
最悪、証拠を出す事が出来るので言いますが、これまで弊社規模の会社に見向きもしなかった超大手各社からの接触が相次ぎました。特に某社に関してはアル側面から見た自動車業界の中核ですので今後日本の○○○○○がどの様に変わるか楽しみでもあります。

そんな流れの中、今回のキャンペーンは2022年に販売予定のREBOOT-GEL高粘度PLUSの先行販売に合わせ、上記記載であるこの業界を震撼させた1つであり、DIYユーザー様に一番近い存在&日々使用する頻度が高いR-BLOCKERとR-BLOCKERをより有効活用させる為のREBOOTシャンプーのセットの必須酸性ケミカルの組み合わせとなっております!

この3本によりケミカルダメージを大幅に軽減させる事が出来ますが、ここで改めて弊社の酸性ケミカルのシステムのお話を過去から現在にかけての変化を含めてお話をさせて頂きます。

先ず、以前の弊社のやり方としては洗車等の基本的な作業後、例外を除きREBOOTの使用でしたが、REBOOT-GEL高粘度の完成により、REBOOT-GEL高粘度で落ちない場合に限り、REBOOTを使用する段階方式ケミカルダメージや施工傷を含めたリスクを軽減させる為に、段階を踏む方式で作業を行う細分化したシステムに変更となりました。


ではここで詳しい弊社の酸性ケミカルのメンテナンスシステムを段階的にご紹介致します。



【1段階目:最も塗装に優しいシャンプー洗車】
REBOOTシャンプーだけで落ちるのが理想。
スクラッチレスクロスを使い洗車傷を入れないのであれば副作用はゼロとなります。

【2段階目:シャンプー洗車とケミカルの中間としてのサプリメントケミカルの使用】
REBOOTシャンプーで落ちない場合はシャンプーとケミカルの間に位置するR-BLOCKERで落ちるかの確認。
R-BLOCKERで落ちる範囲でケアを続ければ次の段階のケミカルを使用する必要性の低下する為、理想の理想はこの第二段階で解決出来るようなスパンでメンテナンスを行うことで副作用が出る可能性があるケミカルジャンルに出来る限り手を出さなくて済みます。
シャンプーとケミカルの中間(シャンプー寄り)の為、副作用は極めて微少。

【3段階目:ケミカルジャンルの中でも最も低リスク】
この段階からケミカルジャンルに入ってしまう為、2段階目R-BLOCKERで落ちない場合はある程度の副作用を覚悟してでもこの段階のケミカルを使わないと落ちませんが、REBOOT-GEL高粘度の完成により、ケミカルをダイレクトに使うのではなく、水のヴェールで塗装へのケミカルダメージを軽減させる湿式施工でケミカルを使用出来るようになりました。
本来であればREBOOT-GEL高粘度の段階で汚れを全て落とせる塗装維持をされる事が理想となります!逆にREBOOT-GEL高粘度で対応出来ないようなシミを作ってしまう時点で、メンテナンス方法に間違いやミスマッチが発生している可能性が大きくなります。
REBOOT-GEL高粘度はケミカルジャンルではあるものの、成分セッティングの変更&湿式施工の為、副作用は低い。

【4段階目:ケミカル】
本来なら3段階目であるREBOOT-GEL高粘度で落とせるレベルで塗装を維持する事が理想では御座いますが、REBOOT-GEL高粘度で落ちないシミを作ってしまってしまう場合は、最終的には多少のケミカルダメージリスクがあったとしても適材適所として強いケミカルを使用するしか方法が御座いませんのでここで初めてREBOOTを使用します。
正しい使い方をすれば副作用は少なく出来ますが、駄目な塗装の場合や誤った使い方をすると副作用が強く出る場合が御座います。



上記の段階システムを人で例える場合、薬を飲むだけで完治する病気をわざわざ副作用の可能性が甚大である手術を選ばない事と同じで、自動車の塗装も本来であればしっかりと段階を踏まなくてはなりません。

特に自動車の塗装は人の肌と異なり、1度でも傷やシミを入れてしまうと仮に凄腕のPRO職人でも100%元に戻す事は出来ません。
再塗装でも新車肌の再現は出来ませんので実質的に不可能となります。
初心者の方の場合、この問題を再塗装したり、強い硬化系を施工すればリカバリー出来ると思っている方が多くいらっしゃいますが物理的に完全に不可能となります。

そうなると、私達塗装のドクターとしての立場としては、お客様に対して(如何に塗装に傷を入れないような方法を伝えられるか)(如何に塗装にシミが出来ない方法を教えられるか)

これが本来のカーディテイラーの姿であり、これにコミット出来るようなサービス展開を基本としなくてはなりません。
磨きや副作用が強く出る作業は、上記2つを伝えた上でも致し方なく入った傷に関して特例として行うべきものであり、通常として行うべき行為ではありません。

しかしながら過去から現在にかけて、このような弊社のような考えで運営されてきた店舗なく、同時にこの問題に対して本気で向き合ってきた製品はこれまで皆無でした。
カーコーティング業界は黎明期より決まった作業内容としてビジネスモデルが強固に確立していたのでそれを崩す人が本当に皆無でした。

ですので先ず覚えて頂きたいのはDIYの世界において何より優先する事は【下手に塗装を触るより、現状から悪化させないこと】
一番やってはならないNG行為は、車を買ったからとりあえず特性もよく分からないケミカルとコーティング剤を買い、とりあえずやらない方がマシでは?とのことで使う行為です!これは最悪なパターンでマシどころかドマイナスになります。

ぶっちゃけてしまえばこれを意識するだけで問題ありません。

BLASTBMM吸水MAXの商品ページに記載の通り。。。

目に見える傷の中の60%が洗車傷、そして35%がコーティング&ケミカル施工傷。
コーティング剤やケミカルの特性によってはここのパーセンテージが洗車傷を上回る事も御座います。

残り5%が走行中に入る傷となりますのでほぼ全ての傷が人為的な理由で入る傷となります。

要するにほとんどの傷がお車のユーザー様やコーティング施工者等がつけている傷になるのです。

ですので、更にぶっちゃけるのであれば。

車を買ってこれから何か塗装ケアをしたいと思う場合。

先ずやることは弊社商品ページやブログを読むだけでOKです!

そしてもし何か製品を買って頂けるのであれば。

出来れば最低限のルールを知る意味として洗車マニュアルで知識を付けて頂きたいのです。

無法地帯と化しているカーディテイル業界に人の健康維持や美容、そして病気の概念を当てはめていく事は容易な事では御座いませんが、長年の努力の甲斐あり、今では一定数の方がこの考えに賛同頂き、確実に日本のカーディテイル業界は変わりつつあります。

まとめになりますが、先ずは本キャンペーン品である必須酸性ケミカルは塗装ケアにおいて欠かせないアイテムであり、使いこなして頂けない事には次に進むことが出来ない登竜門の製品でも御座いますので是非使いこなして頂ければと思います。

そして是非忘れないで頂きたいこと。

それは塗装が樹脂と言う高分子化合物であると言う変わらない事実。

何度も各所でお話しておりますが。。。

塗装に対して出来る事と出来ないこと。

極めて明確となります。
残念な事に裏技的なことは少ないです。

そして明確だからこそ生まれる唯一無二のセッティング。

何を相手に試合をしているのか?
カーディテイルは樹脂と言う塗装を舞台に人と自然相手のゲームとなります。

相手が何者であるのか理解もしないで戦う事はやめて下さい。

繰り返しとなりますが何を相手に試合をしているのか?

これが理解出来れば○○の製品ってありえなくない?△△の施工方法は間違ってない?□□の成分は使うと副作用強いから塗装に使用したら駄目だよね?
これが理解出来ると、正しい製品評価や何が一番で最適であるかと言う事実を痛いほど理解することが出来ます。

等々。

情報過多な現在で正しい情報を手にする事が可能となります。
正しい情報を得る事が最初に塗装保護になります。

是非、最低限のルールだけは忘れないで頂けますと幸いで御座います。



<REBOOT-GEL高粘度PLUSについて>
上記ご説明の通り、REBOOT-GEL高粘度が完成したタイミングから、弊社の酸性メンテナンスシステムはより高い仕上がりを出す為に合計4段階でのケアに切り替えとなりました。

そんな中、三段階目で使用するREBOOT-GEL高粘度。

出来ればもう少し強いバージョンが欲しいとのご要望を多く頂きました。

この件に関しては既に業者向けに販売していたREBOOT-GEL高粘度PLUSが御座いましたので、この既存品を更に調整したものが今回のREBOOT-GEL高粘度PLUSとなります。

モアパワーをご希望の方は是非お試し下さい。



<REBOOT-GEL高粘度プラスへのよくあるご質問>

Q1:REBOOT-GEL高粘度と使い方は同じですか?

A1:同じとなります。


Q2:REBOOT-GEL高粘度と比べどの程度強いのですか?

A2:画像の性能比較表をご確認下さい。



Q3:2022年度に販売とのことですが具体的に何時頃ですか?

A3:現時点では未定では御座いますが2022年の夏前には販売を行う予定となっております。


<使用方法>
使い方に関しましては各種商品ページをご確認下さい。
R-BLOCKER
REBOOTシャンプー
REBOOT-GEL高粘度プラスに関しましてはREBOOT-GEL高粘度と使い方が同じとなりますのでREBOOT-GEL高粘度の商品ページにてご確認下さい。


<注意事項>
〇藩兪阿防ず目立たない箇所にて安全に使用出来るかご確認の上でご使用下さい。
∨楡宿淵札奪箸砲脇段未弊睫製颪論什遒靴討りません。使用方法に関しましては上記からご確認頂をお願い申しあげます。
施工、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【現在の最短納期3日〜5日営業日前後】

現在ご注文が混み合っております関係により即日発送が難しくなっております。また、上記記載の納期はあくまで暫定的な(最短目安)となり、実際の状況によって大きく変わる場合が御座いますのでご利用をご検討頂いております場合、ゆとりをもってご注文頂けますと幸いで御座います。


購入数

売り切れ

Recommend Item

おすすめ商品。

Category

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2022年6月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
営業カレンダー
Mobile Shop
QR