1. ホーム
  2.  > 研磨剤(コンパウンド)
  3.  > 【お試しサイズ】レベル3水溶性研磨剤80ml(主に外車塗装専用研磨剤)

【お試しサイズ】レベル3水溶性研磨剤80ml(主に外車塗装専用研磨剤)

<商品説明>
本製品は外車塗装の初期研磨において使用することを前提に製作をした特殊な水性研磨剤です。
本製品の後にレベル1を使用することで外車塗装が完璧になるように製作をしております。

また、本製品は国産塗装の中でも固めと表現出来る塗装等や、国産車の塗装をスピード重視で磨いていく場合は本製品の方が最適となります。

その他、基本的に様々な塗装を磨く上で、本製品であるレベル3、そしてレベル2、レベル1。

この三種類は必須なメイン研磨剤となりますのでPRO業務にてご使用になられる場合は必須とお考え下さい。

尚、本製品は、一般的に販売されている研磨剤や一般的なPRO製品とは異なり、塗装を限りなく正確に判断する特殊な設備を駆使しながら、熟練の職人が数え切れない数の検証の末にセッティングを合わせた、極めて製作密度が濃く、そして大切なお客様の塗装を磨いて薄くしてしまうと言う行為を真摯に受け止め、職人人生すべてをかけて製作をした研磨剤となります。

塗装と言う存在は、如何に熟練の職人が仕上げを行っても、たった1度でも磨いてしまうだけで著しく塗装強度が著しく落ちてしまう繊細な存在です。
そもそも髪の毛1本程度の厚みしかありません。

そんな繊細な存在である塗装に使用する研磨剤。
無駄に多く削れてしまうのもNG!そして無駄に削れなくて研磨機の振動と熱を長く入れてしまう研磨剤もNG!必要最低限だけスパッと削り取る研磨剤が求められます!!

職人人生をかけて製作した本製品以外の選択肢はゼロである。

否。

【ゼロにしてやる】!

このコンセプトで誕生した製品となりますので、ワンミスが許されない塗装を本気で磨きたい場合。

一般的に手に入る研磨剤の中ではお値段が高くなりますが、それだけパーフェクトな研磨剤となってしまいますが、迷うことなく本製品をお勧め致します。


<備考1>
当店の研磨剤は一般的に言われております、研磨剤の目の粗さ等の表現は一切関係なく作っております。

イメージしにくいかもしれませんが、研磨粒子の配合量、その他特殊成分で塗装を研磨しやすくすると言う、珍しいセッティングの研磨剤であり、絡みやバフ目を押さえる効果もあります。

ポリッシャーに関しても、シングルアクション、ギアアクション、ダブルアクション等の様々なポリッシャーにお使い頂ける為、研磨機の使用に合わせた細かい調整を行う必要が御座いません。


<備考2>
本製品は、弊社が販売しております樹脂ベースコーティング剤であるWINKと掛け合わせて使用する事が出来ます。

このことから、本製品である研磨剤と、WINKを、研磨力に合わせてバフの上、又は別の容器等で調合して使用することで、一発鏡面仕上げのWINKの研磨力調整を行う事が可能となります!

これにより、PRO施工店等であればプラン内容によって大きな時短作業を行う事が出来るなど。

効率的な作業を行う事が出来ます。


<最高の艶>
研磨後に硬化系を施工する場合と、BP-MIXで斑になってしまう極めて低密度塗装の2点に関しては例外となりますが、初期研磨(ウールバフ)→仕上げ研磨(ウレタンバフ)→WINK(ウレタンバフ)→BP-MIX(ウレタンバフ)。

最後の仕上げにオーバーコーティング剤であるBP-MIXをウレタンバフに適量吹き付けて塗りこんでいくことで、硬化系フィニッシュではない、中古濃色カラーでのメインフィニッシュパターンである樹脂ベース仕上げ側の【最高の艶】を出す事が出来ます!!

是非1度、最終仕上げにおいてBP-MIX+ウレタンバフ仕上げを行ってみてください!

(備考)※PRO向け情報
例外的に、塗装状態によっては、BP-MIXよりも、G-grossを最後の仕上げに使用した方が高い艶が出る塗装が御座います。
特に塗装密度が低いケースであり、尚且つ塗装がスカスカ側の乾性質の場合はBP-MIX側よりもG-gross仕上げの方が高い艶が出ることが御座いますので状況に合わせてご使用下さい。
ただし、作業時に油性研磨剤を使用してしまっておりますと、乾性質に気が付きにくくなります為、仮に油性研磨剤を使用して磨いている場合、最後の洗車にORIGIN脱脂シャンプーにて洗車を行って下さい。


<使用方法>
洗車後、下地処理を行って下さい。特に研磨機を使う場合、研磨機を使えば、汚れも一緒に取れるだろうと考えられてしまっている場合が多くなりますが、シリカスケールを除去しないで研磨機を回すことで塗装面にシリカスケールが研磨の回転と熱で焼きついてしまい、リカバリーが困難になる場合が御座います。
研磨を行う場合、必ず、鉄粉除去とシリカスケール除去を行った後にお使い下さい。
同じく鉄粉も同様であり、除去しないで研磨をしてしまうと焼きつき等の問題が発生してペーパー処理をしないとリカバリー出来なくなる場合が御座います。

(備考)
シリカスケールの除去に関しては、REBOOTシリーズのどれを使用しても基本的に問題御座いませんが、特に汚れている中古車、そしてブラック塗装で過去に何度も艶出し剤を使用されているような塗装の場合は、REBOOT2が非常にお勧めとなります。REBOOT2はREBOOTとREBOOT-PROの中間程度の強さをもったシリカスケール除去剤であり、シリカスケールだけではなく、軽度な油分まで落としてくれます為、研磨時の絡みの原因の1つである、無駄な油分を含んだシリカスケールに対して極めて有効となります。

その他、出来る限りの最上級で完璧な作業を行う場合、一番最初の洗車時に、湿式施工でREBOOT-GEL高粘度を入れて、大部分のスケールを落としておくことで、更にその後に行うREBOOT2が塗装表面に何の障害もなくダイレクトに作用する為、研磨時の絡み等を限界まで下げられる完璧な下地処理を行う事が出来ます。アルカリクリーナーであるGBS-Aも同じように、通常のREBOOTシリーズでは落とせない汚れを落とし、研磨時の絡みを軽減して綺麗に磨くようにする為のものですが、酸性とアルカリでは属性が対極となります為、塗装状態(付着物)に応じてどちらかの方法を選んで頂くこと、本当に完璧な下地処理を行う事が出来ます。


当店の研磨剤は、様々な研磨機やウールバフ、ウレタンバフ、ファイバーバフ、その他様々なバフでご使用出来ます。

本液をバフに適量塗布し、塗装状態をきちんと確認しながら磨いて下さい。

基本的に研磨剤がキレて、粉になるまで磨くのが通常ですが、研磨剤の塗布量や研磨方法、そして塗装状態によっては研磨剤がキレない、若しくはキレにくい場合もあります。

同時に塗装状態によっては【あえて】研磨剤がキレる前にコンパウンドを拭き取る場合もありますので塗装状態等に応じてマッチングを取ってから本作業を開始して下さい。

当店の研磨剤は絡みや焼きつきにくく作っておりますが、下地処理が完全でない場合や、バフを小まめに綺麗にしていない場合、塗装密度に応じたバフと研磨機とコンパウンドのマッチングが合っていない場合、絡み等が発生する場合があります。
例:低パワー研磨機で研磨力が高いコンパウンドを使う事で発生する絡み等。
例:研磨予定の塗装面とバフの径のサイズが合っていない=熱&研磨剤の流動性の問題等。

基本的に綺麗に磨けない原因の大半がこのマッチングを正確に取れていない場合と下地処理が不完全であることから発生いたします。
研磨前は最低でもREBOOTシリーズによる下地処理だけは確実に必須となります。また、状態によっては上記備考箇所記載内容を含め、GBS-Aも入れることで研磨効率が跳ね上がる塗装状態も御座います。


磨き終わったら洗車を行い、研磨の粉等を洗い流して下さい。

当店の研磨剤は水溶性ですので水洗いだけでも基本OKであると同時にコーティング前に無理に脱脂を行う必要はありません。

ただし、焼きついたり絡んでしまっている研磨剤がある場合や、あえて研磨剤がキレる前に拭き取りを行った研磨方法をした場合で、塗装面に研磨剤の滞留が確認出来る場合等はシャンプー洗車を行って下さい。
基本的に塗装面に残っている研磨剤の残留量によって異なりますが、多く焼き付けてしまったり、あえてキレるまで磨いていないようなケースであればORIGIN脱脂シャンプーにて洗車を行って下さい。また、そこまで残留させていないのであれば中性のカーシャンプーNEO、同じく中性カーシャンプーEPYONにて洗車を行って下さい。

尚、鏡面仕上げにした場合、下手な成分のシャンプーやクリーナー、シリコンオフやIPA等の脱脂剤、そして素材の硬いスポンジや汚れたスポンジ、汚れたマイクロファイバークロスで洗車を行う事で傷だらけになり、ほぼ確実に再磨きをしなくてはならなくなります為、磨き後の洗車は当店のスクラッチレスクロス+上記カーシャンプーが最も最適となります。

【必ずご確認下さい】

必ず納期をご確認頂き、予め納期にご納得の上でご注文下さいますようお願い申しあげます。


【現在の最短納期目安】※8月20日更新

【最短】4〜7日営業日前後

現在ご注文が大変混み合っております関係により上記記載の納期はあくまで暫定的な(最短目安)となり、実際の状況によって大きく変わる場合が御座いますのでご利用をご検討頂いております場合、ゆとりをもってご注文頂けますと幸いで御座います。


販売価格 2,420円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2021年10月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2021年11月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930
営業カレンダー
Mobile Shop
QR