1. ホーム
  2.  > 雨染み、スケール、黒ずみ除去剤、ウォータースポット除去
  3.  > REBOOT2(シリカスケール・油分除去剤)300ml

REBOOT2(シリカスケール・油分除去剤)300ml

※本製品の紹介画像ではシリカスケールの除去の紹介はしないで油分除去の画像を紹介しておりますのでシリカスケール除去レベルはREBOOTの商品ページを参考にして下さい。


【商品の特徴】
REBOOT兇呂匹鵑淵魁璽謄ングを施工していようとも水分と言うものが世に存在する以上は必ず付着してしまう洗車によるスケール(水染み)、その他(雨染みやデボジット)、エンブレムや各所の淵やエッジにある黒ずみを塗装を削りながら磨いて除去をするのではなく分解除去するREBOOTに軽度な油分除去性能をプラスすることで主要メンテナンスの二大TOP作業であるシリカスケール除去と油分除去を一度の作業で落とせる業務用の専用ケミカルとなります。


※軽度な油分除去能力ですので落ちない場合は通常通り油分除去剤や脱脂剤等をお使い下さい。
※当店ではREBOOTとREBOOT兇鬟瓮ぅ鵑濃藩僂REBOOT-LIGHTREBOOT-PROは補助で使用しております。
※世間では研磨剤が入っているクリーナーが多く販売されておりますが研磨剤が入っている時点で塗装を削る事になるのでクリーナーとは言いません!
それはコンパウンドですので僅か100μ程度しかない塗装を無駄に削りながら汚れを落とす事になりますのでお気をつけ下さい。
※本来であればREBOOTでシリカスケール除去を行った後に、PM−LIGHTや各種脱脂剤で油分落としをするのが基本ですが個別専用の油分落としや脱脂剤を使うまでもないケースやクロス傷が入りやすいデリケートな塗装にはREBOOT兇郎播となります。



特に塗装陥没など、水分を起因とした塗装ダメージはどんなコーティングを施したとしてもリカバリー出来ない程、深刻な塗装ダメージに繋がることが多く、塗装面にある水分をどんなに丁寧に拭きあげたとしても必ず付着し、塗装表面、コーティング表面を覆ってしまうシリカスケールを簡単施工で落とすことが出来るREBOOTシリーズはすでに塗装を保護する上でコーティング剤よりも無くてはならない存在であります。



その他、世間一般的にコーティング性能を(撥水が弱くなってきたからコーティングの効果が落ちた)と勘違いされるケースが御座いますが、ほとんどのケースがコーティングの性能が低下したのではなく、コーティング層の上にシリカスケールがのったことで撥水が弱まっているのがほとんどであり、シリカスケールを落とせば下に隠れていたコーティング膜が現れて撥水が復活します。
※コート剤の性質的に有機質成分が紫外線等でやられてしまっている場合等もありますが。
          


また当店販売の洗車マニュアルや当店の特殊照明で塗装を見たことがある人であればお分かりかと思いますがブラックカラー等の繊細な塗装では僅か一度の洗車等で傷だらけになってしまう塗装も少なくなりません。


そのような塗装の場合、本来はREBOOTでシリカスケールを落とし、その後に油分を落とす専用のケミカルを個別に使う事が望ましいですが洗車だけで傷が入ってしまう繊細な塗装である事から『そもそもが成分が塗装に優しいから安心』これだけではなく『如何にクロスによる摩擦回数を減らすか』が何より同等レベルで重要になります。



そんな塗装の場合はシリカスケールで1回!油分除去で1回!合計2回のクロス使用よりも一回でシリカスケールと軽度な油分を同時に落とせる
REBOOT兇任魯ロス施工が半分になる事から塗装への負担が単純に半分になるメリットがあります。



同時に、他のREBOOTシリーズに比べると多少ではありますが水分に対する性能低下を起こしにくくしてあります事から洗車後の多水分が乗っている状態でも他のREBOOTシリーズよりも使いやすくなっております。



このREBOOT兇鮖藩僂垢襪海箸妊魁璽謄ング層にダメージを最小限に抑えつつコーティング層の上に乗っているスケールだけを除去出来るため、塗装にもコーティング層にも優しいケミカルになります。


※REBOOTシリーズを開発する前までは塗装に乗っているシリカスケール等は研磨剤で磨くか溶剤で塗装ごと溶かすしか除去する方法がありませんでした!
シリカスケールはどんな高性能なコーティングをしていようとも1ヵ月も外に放置していれば簡単に付着してしまい洗車では落とせなくなってしまいます。
シリカスケールが付着する度に僅か髪の毛1本の厚さしかない塗装やコーティング皮膜を削って除去していたのではコーティングは勿論の事、塗装その物も長持ちしません。

※塗装にも優しく同時にコーティングにも優しい酸性ケミカルは当店の検証ではREBOOT シリーズだけ!
※既に全国の超一流コーティング店様の多くが採用している最高峰ではなく最高のメンテナンス剤です!



どんなコーティングを施工しても必ず付着してしまうシリカスケールや雨染み汚れ!!
※世に出回る全てのコーティング剤に当てはまります。

どんなコーティングでも施工前に必ず除去しなくてはならないシリカスケールや雨染み除去!!
※REBOOTを使わないで重ね塗りをしてしまえば汚れやシリカスケールも一緒にコーティングをしてしまいます!

必ずエンブレム周りやエッジ等の細部に溜まってしまう黒ずみ汚れ!!
※水分が流れ着く先や流れ道!必ず蓄積してしまう黒ずみを優しく分解します!



スケール汚れや雨染みを放置することで塗装陥没等の取り返しのつかない塗装ダメージを防ぐにはコーティングでは不可能である事からREBOOTシリーズは欠かせないアイテムになります!


実際に当店の下地処理やコーティングメンテナンスでは一番重要なケミカルであると同時に、このケミカルが無い事には絶対に塗装をスッピンにリセット出来ないと言い切れるほど何より当店が重宝しているケミカルでありこのケミカルが無いと日々の業務をスタートさせる事が出来ないもっとも重要なケミカルとなります。


数あるシリカスケール除去剤の中でも塗装への負担が少ないタイプですのできちんとした方法で施工すれば一般ユーザー様でも低リスクで作業が行えます。


コーティング剤やその他どんなケミカルよりも塗装保護に重要なREBOOTシリーズを正しく扱うことが出来ればこれほど塗装保護に役立つケミカルはありません。また塗装面だけではなく、樹脂箇所、ゴム箇所、クリア塗装されている金属面やメッキ箇所等にもご使用頂けます。




【他のREBOOTシリーズとの違い】
(1)塗装面に軽度な油分がのっている状態でもシリカスケールを落とす事が可能。
※他のREBOOTシリーズは塗装面に油分が多いと反応が鈍くなってしまうので油分が多い塗装面の場合、先にカーシャンプーPROの脱脂力が強いシャンプーや水溶性脱脂剤GBS-Dシリコンオフ等で油分を落としてから使う必要がありますがREBOOT兇老敕戮別分落としとシリカスケールを同時に落とすケミカルですので他のREBOOTシリーズよりも油分に対して気を使う必要がありません。
※エマルジョン系コーティングのムラ消しにも使用可能
※普段のメンテンナンスで油分が多いコーティング剤や艶出し剤を使用したり以前に施工されていた場合や撥水性能が高くてREBOOTが弾いてしまうような状態の塗装ではREBOOTよりもREBOOT兇両鑞僂ベストです。


(2)他のREBOOTシリーズに比べると水分によって起こる性能低下が低い事から洗車後である程度、塗装面に水がのっている状態で使用しても大きな性能低下になりません事から洗車からの流れで直ちに作業に入れることから作業時間の短縮等も期待出来ます。
※本来の性能を100%発揮したい場合はきちんと水分を拭き取ったあとの使用。


(3)シリカスケールには主に通常のスケールと油性濃度が高いスケールの二種類がありますが油性濃度が高いシリカスケールを除去した場合、シリカスケールを除去したと同時に油分がにじみ出てくる場合があります。
この場合、洗車後にしっかりと油分除去や脱脂をしたとしても再度油分除去や脱脂をしないとコーティング施工に影響が出る場合がありますがREBOOT兇両豺隋軽度な油分も同時に落とせる事からシリカスケールを分解することで今までシリカスケールに囲まれて表に出てこなかった油分も同時に落とせる事からも作業短縮や無駄なケミカルダメージからの抑制が可能となります。

例)本来、REBOOTでシリカスケールを除去後に浮かび上がる油分はBC-24、IPA、シリコンオフ等の専用の脱脂剤で除去を行いますが油分の浮かび上がり方が本製品で落ちるレベルであれば個別に脱脂剤を使わないでそのままコーティング作業に入ることが可能です。



【他のREBOOTシリーズにあってREBOOT兇砲鰐気い發痢
他のREBOOTシリーズはシリカスケールが塗装面に存在すると白く浮かび上がり、視覚的にシリカスケールがどれだけ付着していたのかが目視が確認が出来ますがREBOOT兇両豺隋他のREBOOTシリーズよりは白く浮かび上がりませんがこれは成分の問題であり、除去能力には問題ありませんのでご安心下さい。       

※今までREBOOTシリーズを使ってきたお客様の場合、『あれ?何時もより白く浮かび上がらないな?』と思ってしまうかもしれません事からの記載で御座いますと同時に全く浮かび上がらないのではない訳ではありません。
※上記でREBOOTシリーズはシリカスケールに白く反応すると記載致しましたが白く反応しない塗装状態の事もありますので白く反応しないからREBOOTが効いていない訳では御座いませんのでご安心下さい。



【他のREBOOTシリーズとシリカスケールの除去能力の違い】

(REBOOT供※本製品
10段階評価中5


(REBOOT-LIGHT)
10段階評価中3


(REBOOT)※メイン製品
10段階評価中6


(REBOOT-PRO)
10段階評価中10



【他の脱脂剤との油分除去能力の違い】
※根本的な性質等が違う為、本来、比較が出来ない事からあくまでイメージです。


(REBOOT供※本製品
10段階評価中1.5

(GBS-D水溶性脱脂剤)
10段階評価中3

(BC-24エタノール除菌脱脂剤)
10段階評価中3.5

(アルコールIPA)
10段階評価中5

(シリコンオフ※当店製品)
10段階評価中6



【REBOOTシリーズをどんなスパンで使用するか】
このご質問がかなり多い事もありますのでご説明を致します。
まずREBOOT(その他シリーズも含む)をどんなスパンで使う事が理想なのか?このご質問の答えは、千差万別の塗装状態、お客様の車の保管状態等で大きく変わる為、一概に言える事ではありませんが、コーティング施工の有無問わず、野外駐車を想定した場合、塗装状態によっては、スケール被害(塗装陥没等)は早ければ1ヶ月程度、通常でも3ヵ月〜6ヶ月程度で発生します。
※特に近年の新車の場合は焼きが甘い等の問題もありますので新車の場合、数ヶ月は水が滞留しやすいボンネットや屋根等のTOP面だけでもマメに施工する事をお勧め致します。


また再塗装車両や、上記記載の焼き問題だけではなく、近年薄くなる塗装では場合によっては1ヵ月も経たないうちに軽度の塗装陥没が起こる場合もあります事から、どのタイミングでREBOOTを使うかの判断は塗装状態や使用環境、保管環境がユーザー様によって千差万別である事から、マメに塗装を確認し、個別に判断する事が理想です。


例)4週間放置では特に問題がなかったけど5週間放置で塗装に深く落ちた染みや軽度な陥没が発生してしまった!『そうなるとこの塗装の場合、4週間毎のREBOOT施工が基本スパンになる』と判断出来ます。またこのタイミングスパンを知る事で、経年劣化による塗装密度劣化の目安や現在施工してあるコーティング剤の寿命等も判断出来る事から是非、REBOOTを施工するスパンの統計は行って下さい。


その他、ガラス純度が高いコーティング剤を施工してある場合も同様に、スケール被害が通常より高まります事から通常よりも短いスパンでの使用が求められる場合もあります。
※当店の硬化系コーティング剤がガラス純度を無駄に高くしない理由でもあります。
※スクラッチシールド等の塗装は一度染みが入ると様々な観点から更にリカバリー難易度が上がることからスクラッチシールドの場合は通常の塗装よりも早いスパンでのメンテナンスをお勧めします。
※スクラッチシールド等の高弾性塗装は一部欧州車等と同様にスケール被害が起こりや吸い事から通常の塗装より早めのメンテナンスが求められますのでご注意下さい。



【補足事項】
当店のREBOOTシリーズは当店販売のコーティング剤全てとのマッチングを合わせておりますのでコーティング膜の上に乗っている付着物だけを除去出来ますことから、洗車毎にコーティングを施工することなく、同時にコーティング膜に強いダメージを与えることなく、コート剤を落とさずに汚れだけを落とすことが出来ますのでREBOOTシリーズを使用していれば簡易系コーティング剤(HAZESPHERE)でも数ヶ月に1 回のコーティングで維持が可能になり経済的です。


【補足事項2】
当店のコーティング剤に限らず、どんなコーティングを施工するにしても塗装をきちんとリセットすることでコーティング剤の性能を限りなく高める事が出来ますのである意味で言えば全てのコーティング剤の効果、定着を促進させる栄養ドリンクのような存在でもあります!
洗車では絶対に落とせない雨染み、イオンデポジット、スケール、黒ずみを落とすREBOOT!!


騙されたと思って使ってみて下さい!!!!



以上の理由から、適時に適切なREBOOTシリーズの使用が理想ですが通常の塗装であれば最低でも3ヵ月に一度はスケール(雨染み)を除去する事で、塗装陥没や塗装に落ち込んでしまう染み等を抑制することが出来るかと思います。
(中古車や塗装が弱くなっている塗装や一度染みが出来るとリカバリーが超難関になるスクラッチシールド等なら更に短いスパンでの使用をお勧めします。)


勿論,塗装状態、過去にどんなコーティング剤を施工されたのか?様々な要因によってREBOOTの使用頻度は変わる為、あくまで目安ですがご参考になさって下さい!また、使用の際は必ず目立たない箇所で試してからお使い下さい。



【ブログで紹介しております。】
REBOOTの絶対的な必要性(最新)
REBOOTの必要性(過去)
REBOOTについて必ず知ってほしいこと(必須)
※上記3ブログを必ずお読み下さい。



【使用方法】※この製品は使用方法を絶対に厳守でお願い致します。

(1)洗車を行い、塗装表面にある砂汚れ等を落とします。


(2)水分を拭き上げた後に乾いたクロス若しくは水で濡らして硬く絞ったクロスに適量を馴染ませ、塗装面に塗り広げます。
※軽く振って成分を混ぜてからクロスに塗布して下さい。強く振ると本液が飛び出す可能性があるのでお気をつけ下さい。
※スプレーノズルに切り替えて使用してしまいますと、関係がない箇所に飛び散る恐れがありますので使わないで下さい。
※手のひらに収まるサイズ(7cm×7cm程度)にカットしたクロスに適量馴染ませて塗り広げるスタイルが当店のスタンダードな使い方です。

※洗車クロスであるスクラッチレスクロスを水で濡らして硬く絞った状態に適量馴染ませて使用することも可能。(下記に記載)
※ケミカル使用の基本として一度に広く塗り広げず、塗装面をきちんと確認しながら手の届く範囲で塗りこんでください。
※必ず目立たない箇所で確認をし、自己責任での施工をお願い致します。


(3)塗り広げますと数秒で若干白く雨染み(スケール)が浮かび上がりますので別のクロス(状態に応じて乾・湿どちらでもOK)で拭き取ります。
※上記記載通り、他のREBOOTシリーズに比べると白く浮かび上がらない為、手の感覚(ザラザラが無くなった等)を優先した判断をして下さい。
※もともと目で見えるスケールは塗布して優しく擦ると綺麗に消えます。
※強烈に固着しているスケールには数回の塗布と拭き取りを繰り返します。
※それでも消えないスケール跡は陥没している可能性がありますので研磨でしか落とせません。
※炎天下や高温時での使用はお控え下さい。
※本液は塗装面に長く放置することは厳禁です。あくまで目安ですが当店現場でも一回塗布して1分以上の時間を置く事はなく、ほとんどのケースが塗ってから20秒以内に拭き取っております。
一度に長く放置させるよりも塗ってすぐ拭き取ってを繰り返すことのほうがケミカルダメージのリスクも軽減出来ると同時に除去力も高まります。
特に夏場や高温時にやむ終えず使用しなくてはならない場合、塗ったら直ちに拭き取り&水で流して下さい。
その他、低年式車や再塗装車両や素材が痛んでいる場合では念入りに目立たない箇所で確認&使用後は直ちに水で洗い流して下さい。
当店のREBOOTは数多く存在する酸性ケミカルでも塗装に優しく作っておりますが必ず目立たない箇所での確認をしてからお使い下さい。


(4)白くスケールが浮かび上がってこなくなったり、塗装面のザラザラが無くなれば完了です。
白く浮かびあってこない塗装もあります。その場合、塗装陥没である可能性以外にも塗装に深く染み込んでしまっているシリカスケールである事が多いですが
塗装表面にスケールがあれば浮かび上がらなくとも除去が出来ている場合も多くありますのでご安心下さい。
※白くシリカスケールが浮かび上がらない場合で、尚且つ見た目や触った感覚でも変化が分からなくても水をかけた時やコーティング施工時にREBOOTを行った事による変化に気が付く事もあります。
その他、白く浮かび上がらない場合、付着物がシリカスケールの場合であれば最初にREBOOTを塗布した時にザラザラしていたものが次第にツルツルになってきていると思います。
※REBOOTシリーズで落ちないザラザラがある場合の多くは鉄粉である可能性が高いことから鉄粉除去剤鉄粉除去パッドをお使い下さい。



(5)最後に水で流し、綺麗なクロスで拭き上げてフィニッシュです!
基本は水を流す事が必須ですが水を流す環境ではない場合や、やむを得ない事情で水を流せない場合は水で濡らし適度に絞ったクロスで拭き、間をおかず乾いたクロスで拭き上げて下さい。


※黒ずみ汚れに関しても同じ要領で塗布することで黒ずみが分解されますので擦ると言うよりも分解して浮かび上がった黒ずみを拭き取るといったイメージで無駄に力を入れる必要は御座いません。
※全く反応しない場合、過去に何度も油性コーティング剤やWAX等を施工している場合や重度な油分や塗装面に付着していることが御座いますので先にシリコンオフや水溶性脱脂剤であるGBS-D等で油分を完全に除去してからご使用下さい。それでも落ちないケースとして、REBOOT-PROを使用する事で落ちる場合も御座いますが、塗装陥没の可能性も御座います。
その他雨染みに見えて花粉の場合も御座います。その場合、80度以上のお湯をかける、若しくは80度以上の蒸しタオル、その他ヒートガン等の熱処理を行う事で花粉は対処出来ます。花粉に対しての余談ですが花粉は絶対に磨く事をお控え下さい。場合によってはリカバリーが困難になりますのでまずは
80度〜素材にダメージが入らないレベルである上限温度の100度程度を目安で熱処理を行って下さい。



【その他の使い方】
この方法はこれから記載する2つの理由の時に使う事をお勧めします。
まず1つ目として本来、REBOOTシリーズはこのREBOOT兇盍泙瓠∪車後にきちんと水分を拭き取ってから使うのが基本です。
しかし、先にも記載致しましたが洗車を行うだけでクロス傷が入ってしまうような低密度な塗装やデリケートなブラックカラーの塗装の場合、【水分を拭き取る作業ですら】出来るだけ避けたいケースも塗装状態によっては多々ある!これが1つ目!


2つ目に日光や気温等の外的要因でダメージ等が懸念される野外での作業や時間的な制約がある場合に『本来はしっかり作業をしなくてはならないけど天候が急に変わっても困るし、日光も強ければ気温も高い事からケミカルダメージが入らないように素早く洗車からREBOOTまで終わりにしたい』!

こんな場合や『午後から出かけたいからじっくり作業する時間が無い!多少作業クヲリティが下がってもとにかく低リスクでスピード優先で雨染みを落としたい』と考えた場合、洗車に使用しましたスクラッチレスクロスで大部分の作業をスピーディーに完了する事が出来ます。



(1)スクラッチレスクロスで洗車を行います。その後スクラッチレスクロスを綺麗に濯ぎます。
(2)スクラッチレスクロスが汚れていたり油分が付いていない事を確認したらスクラッチレスクロスで洗車で濡れている塗装面の水滴をざっとで構いません
ので水分を拭き取ります。勿論スクラッチレスクロスは吸水クロスではない為、完全に水分を拭き取る事は出来ませんのである程度水分が残ります。
(3)そのまま吸水に使って濡れているスクラッチレスクロスを硬く絞り、多少水分が残るスクラッチレスクロスにREBOOT兇鯑訐ませます。
※塗装面に直接REBOOT兇鯏鰭曚靴討盥修い泙擦鵝
(4)シリカスケールを落とすように軽くマッサージをするように洗車の要領で塗装面に塗り広げます。
(5)その後、乾燥する前に水で流して通常のディテイルクロスで完全に水分を拭き上げることでフィニッシュとなります。

上記方法により通常の工程よりも水をしっかり拭きあげる手間が1回省ける、そしてディテイルクロスに持ち替える手間やディテイルクロスをカットする手間が省けるだけではなく、スクラッチレスクロスで塗り広げる為、ディテイルクロスよりも塗装面にクロス傷を入れずに作業が出来ます事から野外での洗車やブラック系の塗装でクロス傷が入りやすい低密度な塗装では仮に通常の方法よりシリカスケール等が落とせないにしてもこの方法のほうが早い作業で効率的であり結果的に塗装に優しくなる場合が多々ありますのでケースバイケースで通常の使い方と分けてお使い下さい。

またこの方法の場合、水を完全に拭き取っていない状態でREBOOT兇鮖箸Π戞完全に水分を拭き取ってある時と比べますと他のREBOOTシリーズよりは水分での性能低下が低いREBOOT兇任皀轡螢スケール等の除去能力が低下してしまいますがこの作業に入る前の洗車に同じ酸性タイプのREBOOTシャンプーを使う事でこの性能低下した分をある程度補える場合もあります事から、とにかく楽にスピード重視での作業を考える場合であれば使用するカーシャンプーをREBOOTシャンプーにすることで超最速で洗車からメンテナンスまで完了できますのでこれもケースバイケースで試してみて下さい☆




【注意事項】※必ずお読み下さい。
,海離吋潺ルは無機酸、有機酸で作られた酸性ですので塩素系のケミカルや他の洗浄剤と混ぜることは有害ガスが発生しますので厳禁となります。
△海両ι覆賄店の各種コーティング剤に合わせて製作をしておりますので他のコーティングとの相性に関しては保障いたしかねますので予めご了承下さい。
E描に極力ダメージを入れない製品では御座いますが酸性の為、塗装に塗布しての長時間放置は塗装を侵すことになる可能性も御座いますので放置は
厳禁となります。
せ誓ですので金属面全般、ガラス、無垢のアルミには使用しないで下さい。万が一付着してしまった場合は即、水で洗い流して下さい。必要に応じて
マスキングテープ等で養生して下さい。
※スズキ スイフトのチャンピオンイエロー4等のクリアが無いソリッドカラーに酸性ケミカルは使用出来ませんのでご注意下さい。
セ誓ですので使用にあたっては必ず保護手袋や保護めがねを着用して施工して下さい。
Ρ蠹群爾箙皺校での使用はお控え下さい。
Ыの原因になりますので風の強い日のご使用はお控え下さい。
┫控い鮟淑に行って下さい。特に室内で使用する場合、換気設備がない状態での使用はお控え下さい。
使用前に必ず目立たないところで試してからお使い下さい。特に再塗装車両や低年式車、傷が多い車両、そしてクリア塗装を施されていない車両は
注意が必要です。パネルごとに細かく確認する事をお勧め致します。
万が一目に入った場合、直ちに水で目を瞼の裏まで念入りに15 分以上洗浄し、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
コンタクトレンズを使用していた場合で容易にコンタクトレンズを外せるのであればコンタクトレンズを外して目を念入りに洗って下さい。
万が一飲み込んでしまった場合、直ぐにコップ2 杯分の水を飲み吐き出させ、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
皮膚に付着してしまった場合、水で洗い流して下さい。素手で使用しますと指先が痛くなる場合があります。
異常がある場合、本紙を持参し、速やかに医師による診断を受けて下さい。
吸引した場合で不快感を感じたら直ちに新鮮な空気の場所に移動し安静にし、異常があるようであれば医師の診断を受けて下さい。
子供の手の届くところ、飲食物の近くには置かないで下さい。
保管する場合、40℃以上で高温になる場所には置かず、涼しい場合できちんと中栓を閉めて保管をして下さい。
斡般獲僂寮宿覆任△觧から、一般使用の場合、十分注意をしてご使用下さい。
瓜楾、保管にあたり当社は一切責任を持ちません、お客様の自己責任にて施工、保管をお願い致します。

販売価格 2,700円(税込)
購入数
  • ↑
  • ↓

Recommend Item

おすすめ商品。

Shopping Cart

カートの中に商品はありません

ショッピングカートを見る

Mail Magazine


Shop Manager
洗車用品専門店GANBASS
☆GANBASS☆
超現場主義で開発した製品を販売しております。千差万別の塗装状態がある事!同時に一般エンドユーザー様が思っている以上に塗装とは脆弱で繊細な存在です。間違えた認識では取り返しのつかなくなる事も大げさなお話ではありません。是非、プロの中のプロ製品をお試し下さい。
店長日記
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
2018年1月
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
営業カレンダー
Mobile Shop
QR